NEXCO中日本は、今年が東名高速道路開通50周年ということで、さまざまなETC限定乗り放題プランを発売しています。いずれも、東名高速・新東名高速沿線の宿泊・レジャー施設と提携したもので、各施設の利用券とセットで購入する必要があります。となると、行楽向けと思われがちですが、実は仕事にも使えそうなプランもあるのです。

出発エリアが広いETC乗り放題プラン

今回紹介するETC限定乗り放題プランは「三井アウトレットパーク ジャズドリーム長島ドライブプラン(首都圏発着)」というもの。NEXCO中日本路線の乗り放題と、三重県桑名市にあるリゾート施設「ナガシマリゾート」内で営業するアウトレットモールのお買物券がセットになっています。

このプランを利用するには、NEXCO中日本の会員サービス「速旅」への登録が必要で、登録用サイトから住所・氏名とETCカード番号、クレジットカード番号を入力して行います。また、事前申込制になっており、利用開始前日まで受け付けています。

出発エリアが幅広いのがこのETC乗り放題プランの特徴。中央道高井戸IC~相模湖IC、圏央道八王子西IC~藤沢ICのほか新湘南バイパス・小田原厚木道路・西湘バイパスからの出発もOK。価格は高速道路通行料金分が1万円で、これに加えジャズドリーム長島内各店で使えるお買物券5000円分を購入します。

ETC乗り放題エリアをフル活用する

そして、高速道路のETC乗り放題エリアも広く設定。東側は東名高速静岡ICと新東名高速新静岡IC、北側は中央道土岐ICと東海環状道五斗薪スマートIC、西側が名神高速大垣ICと東海北陸道岐阜各務原IC、南側が東海環状道路東員IC・新名神高速菰野IC・東名阪道四日市東ICと東海4県にまたがっています。なお、有効期限は3日間です。

このETC乗り放題エリアをフル活用した際の割引度は大きく、例えば掛川城・名古屋城・犬山城・桑名城と東海4県を巡る旅で東京IC→掛川IC→名古屋IC→小牧東IC→桑名東IC→東京ICと高速道路を利用した場合、通常の通行料金は普通車で平日1万9240円なので50%近く割安に。すべて休日割引でも14570円と約30%おトクです。

しかし、「ジャズドリーム長島ドライブプラン(首都圏発着)」の場合、ここまで活用しないケースでも通常料金と比べ割安となります。例えば、週末に東京から名古屋市内へ乗用車での出張があり土曜日に戻る場合、NEXCO中日本分の片道通行料金は平日7170円・休日割引5020円なので合計12190円となり、約2000円分浮く計算となるのです。

ETC乗り放題プランのお買物券を利用

当然ですが、このETC乗り放題プランを利用する場合、ジャズドリーム長島へ立ち寄りお買い物券を受け取り、5000円分の買い物をする必要があります。しかし、東京~名古屋の往復ルートからジャズドリーム長島までは乗り放題エリアに含まれる伊勢湾岸道路を15kmほど走れば到着します。しかも、場所は湾岸長島ICを降りてすぐなのです。

ジャズドリーム長島はアウトレットモールなので、ビームスやトゥモローランドなど、さまざまなブランドのアウトレットショップが出店。名古屋出張をきっかけに、普段買いそびれていたアイテムを手に入れるチャンスともいえます。また、モール内のレストランでもお買い物券は利用可能です。

ちなみに、ジャズドリーム長島の駐車場は1日1000円の駐車料金がかかりますが、3000円以上のショッピングで無料となります。この料金計算にはお買い物券利用分も含まれるため、5000円分すべて使い切れば駐車料金も必要ありません。

【関連リンク】
高速料金が割引になる年会費無料のサービスとは
プリウスの隠しコマンドで整備モードに切り替え
プリウスの隠しコマンドで表示される裏メニュー
高速料金の支払いは後日でも大丈夫だった!?
タイヤの側面を見れば製造年月日などが一目瞭然

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「東名開通50周年「ETC乗り放題プラン」はおトク?