家の中で話した会話の内容をなぜか他人が知っている…これは映画やドラマの話ではありません。遺産相続や不倫など、親族間や家族間のトラブルを有利に導くために、盗聴は日常的に行われているのです。盗聴器が手軽に購入できるようになったため、家族や親族が仕掛けるケースが増えています。

盗聴器の電波に割当ては存在しない

盗聴器といえども工業製品。同じ部品を使って製品化されています。そのため、盗聴器の周波数も数波に限られ、Ach・Bch・Cchというチャンネル呼称が付けられ、盗聴器本体に使用周波数を示すチャンネルのシールが貼られています。

とはいえ、他人のプライバシーを暴く盗聴器の電波はアンダーグラウンド。国内の電波を管理する電波法とは無関係な、割当て周波数など存在しない不法な電波です。しかし、こうして盗聴器に使われる周波数がある程度、固定されてきました。

調査のプロにとっては高価な盗聴器であっても使い捨ての消耗品。回収はしません。ただ、専用の受信機は使い続けるので、受信機のチャンネルと同じ盗聴器を買い足すために、チャンネル表示が必要になったといわれます。

盗聴器のシールはチャンネルを表す

すなわち、マルチタップ型の盗聴器などに貼られている「A」や「B」と書かれたシールは、送信する周波数チャンネルを表しているというわけ。具体的には、Ach=398.605MHz・Bch=399.030MHz・Cch=399.455MHzという周波数です。

昨今の探偵は盗聴器以外の方法で情報を収集しています。今、盗聴器を購入していくのは一般人。ネットで得た盗聴の知識で、家庭内のトラブルを解決するために盗聴器を仕掛けているというのです。

このような時代の変化もあり、市販の盗聴器の周波数として使われる頻度が極めて高い「UHF帯の3波」呼ばれる、Ach・Bch・Cchの3波をチェックするのが、盗聴器発見の基本テクニックになっています。

【関連リンク】
盗聴はアプリをスマホに入れればできる時代
盗聴器はスマホに自動応答アプリを入れるだけ
盗聴器が発見されるラブホテルの注意ポイント
ラブホテルに代わり増えている盗聴器の発見場所
盗聴器の周波数はUHF帯の3波をスキャンする

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「盗聴器に貼られた「A」や「B」のシールの意味