「LINE」のやり取りで面倒なのが、相手に既読かどうかわかってしまうこと。できれば、LINEで既読にならずに内容を確認したいという人も多いでしょう。そこで広まったのが機内モードを使ったLINEを既読にせずにメッセージを確認する方法。今では「通知」を使えばもっと手軽に既読にせずに内容が確認できます。

LINEを既読にせず通知で内容確認

LINEでは、送ったメッセージが既読かどうかがトーク画面でわかります。このため、LINEのやり取りは「すぐに返信」という変なプレッシャーを感じる人も多いはず。そんな時は「通知」を使って既読にせずにメッセージを確認しましょう。

通知を利用したLINEを既読にせずメッセージを確認する方法は、LINEの「設定」で「通知」をオン。「新規メッセージ」と「メッセージ通知の内容表示」も有効にします。これでロック画面や通知センターにメッセージの内容が表示されるはずです。

ただし、Androidでは通知が一覧表示されないため、既読にせずにメッセージを確認しにくくなっています。そんな時は無料アプリの「ちらみ」を導入しておくと、通知をまとめて読めるようになるのです。

機内モードを解除した瞬間に既読通知

また、iPhone6s以降はLINEのトーク一覧画面でも既読にせずにメッセージを確認可能。目的のトークルームを軽く押し込むと、メッセージの内容がポップアップで表示されるので内容をチェックできます。

もちろん、機内モードを使ったLINEで既読にせずにメッセージを確認する方法も健在です。機内モードを使うのは、外部と通信できない状態でメッセージを読むため。これなら既読通知が相手に届きません。

具体的には、機内モードに切り替えてから、トークルームを開いてメッセージを確認します。しかし、この方法には思わぬ盲点があるので注意しましょう。

そのまま機内モードを解除すると、その瞬間にLINEの既読通知が飛ぶからです。メッセージ確認後はタスク管理画面からLINEアプリを完全終了。これなら機内モードを解除しても、次にLINEを起動するまでは既読がつきません。

【関連リンク】
LINEを既読つけないで読む方法…の落とし穴
LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策
LINEトークをiPadから盗聴する方法とは
LINEで既読をつけないでメッセージを読む方法
LINEは設定を間違えると情報が垂れ流しになる

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「LINEを既読にせず中身を見る時の思わぬ盲点とは