運転免許が取り消しになったり停止になる際は、自分が過去の違反で溜めた点数を基準に行われることがほとんどです。しかし、実は点数とは無関係に処分が行われることもあります。それは、他人が悪質な交通違反をすることをそそのかしたりしたケースで、飲酒運転など重い違反が対象なので要注意です。

そそのかしや手助けにも免許取消

元々、犯罪に関する刑罰を決める刑法には、犯罪をそそのかす「教唆」、犯罪を手助けする「幇助」という考え方があります。そして道路交通法には、重い違反についてはそそのかしや手助けについても免許取消や免許停止につなげる規定があるのです。

そそのかしや手助けが免許取消や免許停止につながってくるのは、違反の点数でいうと6点以上が対象です。酒酔い運転や酒気帯び運転、30km/h以上(高速道路の場合40km/h以上)の速度超過、無免許運転、100%以上の過積載などがその代表的な違反になります。

例えば、助手席から急げ急げとドライバーをせかし、結果的に30km/h以上のスピードオーバーになってしまった場合がそれにあたります。

免許取消対象の違反は同じ処分になる

ドライバーが起こした違反が15点以上、つまり一発で免許取消の場合、そそのかしや手助けをした人も免許取消になります。酒酔い運転の35点や0.25mg/l以上の酒気帯び運転、無免許運転などがこれに該当します。

この規定は飲酒運転関連については厳しくなっていて、ドライバーが激しく飲酒していることを知っていて同乗した場合、その人も免許取消処分になります。さらに、自動車を運転して帰りそうな客に居酒屋などがお酒を提供した場合も「幇助」とみなされ処分対象です。

また、無免許運転に関しては相手が無免許だと知っていて自動車を貸した場合、違反を手助けしたとみなされ免許取消になります。ただし、運転免許を持っていない、あるいは免許停止期間中だと知らずに貸した場合はセーフです。

そそのかしや手助けをの免許停止期間

免許停止に関しては、そそのかしや手助けをした人の停止期間は、ドライバーが無事故無違反から一発で免許停止になった場合の期間が適用になります。50km/h以上のスピード違反を助手席からそそのかした場合、ドライバーが累積点数で免許取消になったとしても、同乗者は90日間の免許停止です。

また、そそのかしや手助けをしたケースの免許停止については、その人が持っている違反点数とは関係なく行われます。13点にあたる0.15~0.25mg/L酒気帯び運転が対象になるケースでは、5点の累積点数を持っていた人でも、それと13点を足して免許取消にはならず、90日間の免許停止です。

ただし、90日間の免許停止処分を受けることになるため前歴が1回となり、それ以降、交通違反を繰り返すと免許停止になりやすくなります。飲酒運転などは見逃してうっかり乗らず、運転をやめさせるようにしなければなりません。

【関連リンク】
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「自分が運転せずとも免許取消になるケースとは?