4K撮影に対応するなどスマホのカメラ性能は日々、向上しています。そんなカメラ性能をフル活用できるのがカメラ機能超強化グッズです。スマホで200m先の対象者を鮮明に捉える超望遠レンズを紹介しましょう。肉眼では確認できない距離からターゲットを捕らえることができます。

スマホと接続すると超望遠レンズ

Vixenの「フィールドスコープ」は野鳥などを観察するための望遠鏡。専用の「アダプター」でスマホと接続すると、200m先まで鮮明に撮影できる超望遠レンズになります。

ブレずに撮影するには三脚が必要ですが、肉眼では確認できない距離からターゲットを捕らえられるので、調査活動に役立ちそうです。フォーカス部は粗動と微動の2つのピント調整を備え、一瞬でピントを合わせられるのも利点です。

超望遠スコープの使い方は、まずはレンズの位置を合わせて、アダプターにスマホをセットします。指でフォーカスを回し、粗動と微動のピントを調整。これでスマホのカメラアプリで撮影するというわけです。

超望遠レンズで185m先をスマホ撮影

実際に超望遠レンズで185m先に立つターゲットをスマホで撮影してみました。すると、服装はもちろん、顔の表情まで判別できるレベルです。175m先にある高速道路の標識を撮影してみると、書かれている「400m」という文字もしっかり判読できました。

フィールドスコープの焦点距離は514mm、接眼レンズ倍率は27倍、最低撮影距離は10mとなっています。サイズ/重さは364W×118H×97Dmm/1,330g、実勢価格は118,800円です。

アダプターの対応サイズは58~110Wmm、108~200Hmm、15Dmm以下となっています。サイズ/重さは90W×149H×56Dmm/178g。実勢価格は10,800円です。

【関連リンク】
LINEを既読つけないで読む方法…の落とし穴
iPhoneの裏ワザでWi-Fiの速度をアップさせる
iPhone隠しコマンド10選!あくまで自己責任で
LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策
「ケルベロス」アプリでスマホを遠隔操作!

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「スマホで200m先を鮮明に捉えられる超望遠レンズ