「FLIR ONE Pro」は、プロが愛用する赤外線測定機「FLIR」シリーズのスマホ版。スマホとUSB-CもしくはLightning端子で接続し、専用アプリを導入するとサーモグラフィが起動。スマホを赤外線カメラにして、肉眼では見えない熱を視覚化するサーモグラフィ撮影ができるのです。

スマホを赤外線カメラ化して暗闇撮影

スマホを赤外線カメラ化すれば、センサーが熱を測定するので暗闇でもターゲットを捕らえられ、肉眼では目に見えない箇所を視覚化することが可能。例えば、監視カメラとして薄暗い場所の撮影もできるというわけです。高温部分が黄色、温度が低い部分は青色で表示されます。

専用アプリ「FLIR One」を起動して、スマホに接続したFLIR ONE Pro本体底面にある電源スイッチを入れると、すぐに測定を開始します。専用アプリはApp Store、Google Playで無料で入手できます。

アプリでは、LEDライトオン/オフ、スポット温度測定機能、各種画像加工機能に加え、タイムラプス撮影で温度の変化を撮影し続けることも可能です。

スマホのサーモグラフィ撮影の活用法

FLIR ONE Proの測定可能温度は-20~400度、熱画像解像度は160×120ドットとなっています。焦点距離は15cm~∞、サーマルセンサーはピクセルサイズ12μm、8~14μmスペクトラム範囲です。サイズ/重さは4W×68H×14Dmm/36.5gで、実勢価格は53,784円となっています。

スマホを赤外線カメラにしたサーモグラフィ撮影には、さまざまな活用法があります。例えば、オフィスの防犯対策。ほぼ真っ暗な状態でも、サーモグラフィ撮影で人物があぶり出されました。オフィスのセキュリティに最適でしょう。

さらに、他人が使用したあとのキーボードをサーモグラフィ撮影すれば、キーボードをタッチした箇所が温度変化で分かります。PCのパスワード判読のヒントになるかもしれません。

【関連リンク】
LINEを既読つけないで読む方法…の落とし穴
iPhoneの裏ワザでWi-Fiの速度をアップさせる
iPhone隠しコマンド10選!あくまで自己責任で
LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策
「ケルベロス」アプリでスマホを遠隔操作!

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「スマホを赤外線カメラにしてサーモグラフィ撮影