警察官の制服の左胸には階級章が付けられていることはご存じの通り。実際は、警察官は階級章と一体となった識別章を装着しています。識別章には半円の部分にアルファベットと数字で、所属先と個人を特定する固有番号が刻印。横暴な職務質問に効果を発揮する、階級章の上の数字の読み方を見ていきましょう。

警察官の階級章と一体となった識別章

警察は階級制のため9つの階級章が存在します。警察官の階級章は、中央の紺色の地に金色の日章を配したデザイン。横板の地色とその下の桜葉の色、横板のバーの数で階級を判別できるのです。

横板の地色も桜葉の色も銀一色なのは巡査クラスの階級章。金色の横板のバーが1本だと「巡査」、2本になると「巡査長」、3本だと「巡査部長」と、バーの数で階級が上がっていく決まりです。

地色が銀で桜葉の色が金だと、警部補クラスの階級章。バーの数が増えていく順に「警部補・警部・警視」と階級が上になります。警視正クラスの階級章は地色が金、桜葉の色も金。バーが増えていく順に「警視正・警視長・警視監」です。

警察官はこのほか、階級章と一体となった識別章を付けています。識別章の半円部分に記載されているのが、アルファベット2文字と3ケタの数字からなる識別番号です。裏面には所属する都道府県警察の名称が書かれています。

職務質問では警察官の識別章チェック

識別番号5ケタのうちアルファベットが所属、番号が個人の番号です。例えば警視庁の場合「EE」は「自ら隊」所属を表しています。なお、識別章の表面と裏面は差し替え可能です。

警察官の識別章は、階級章と同じように巡査クラスと警部補クラス、警視正クラスで地色に違いがあります。巡査クラスは全面が銀ですが、警部補の場合は金と銀が混ざった識別章。警視正クラスは全面が金となっています。

そして、職務質問をする警察官はおもに銀色の階級章と識別章を付けた巡査部長以下。警部補までが現場で働きますが、交番所長や小隊長となって書類仕事が多いからです。警部以上は本部で指揮を執るので、表にあまり出てきません。

あまりに横暴な職務質問を受けた場合、警察本部の監察室に問い合わせるとよいでしょう。この時に覚えておくべきが識別番号というわけ。職務質問を受けた時は、警察官の階級章だけでなく識別章もチェックしましょう。

【関連リンク】
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「横暴な警官の職務質問は「識別番号」を確認する