世界的に人気のハイブリッド車、トヨタ・プリウスの純正カーナビは隠しコマンドで簡易的な「ダイアグモード」に入ります。ダイアグモードはメーカーのサービスマンが検査・修理用に使うもので、さまざまな設定の変更や確認が可能。さらには、プリウス本体にもメンテナンスモードに入る隠しコマンドが存在します。

プリウスのカーナビでダイアグモード

プリウス純正カーナビの隠しコマンドは「現在地」ボタンを押したまま、スモールライトを3回ON/OFFするというもの。これでカーナビ画面にダイアグモードのトップ画面が表示されるのです。

隠しコマンドを入力すると、車両の調子が悪ければ故障診断、受信感度がイマイチならテレビ設定での確認などが可能。ETC連動タイプの場合は、車両のサイズから通行料区分の設定も変更できたりします。

ダイアグモードでは「故障診断」「機能検査・調整」などのメニューが並び、簡易セルフチェックが行えます。ただし、セキュリティ解除コードが不明なため、SDカードコピーや走行中のテレビ視聴制限などの設定は変更できませんでした。

なお、プリウス本体にも隠しコマンドが存在。エンジン始動前に隠しコマンドを入力すると、2種類のメカニック用の特殊なモードに突入します。

プリウスのスピードメーターテスト

プリウスは停車時にはエンジンは停止状態。それが「メンテナンスモード」では強制的にエンジン駆動となり、エンジン調整・排ガス測定・スピードメーターテストなどが行えるのです。また「サーティフィケーションモード」では、エンジン駆動は無しのままスピードメーターやダイナモメーターのテストができます。

プリウス本体の隠しコマンドは「A/C OFF」の状態でPOWERボタンを2回押して「!」マークがオレンジ色に点灯するのを確認。左足でブレーキを踏み、Pモードでアクセルペダルを2回踏み込みます。

続いて、Nモードにしてアクセルペダルを2回踏み込み。Pモードにしてアクセルペダルを2回踏み込みます。インジケーターランプがオレンジ色に点滅したら、ブレーキを踏んだ状態でPOWERボタンを押すのです。なお、ペダルを踏む回数が各2回なら「メンテナンスモード」、3回なら「サーティフィケーションモード」となります。

【関連リンク】
高速料金が割引になる年会費無料のサービスとは
プリウスの隠しコマンドで整備モードに切り替え
プリウスの隠しコマンドで表示される裏メニュー
高速料金の支払いは後日でも大丈夫だった!?
タイヤの側面を見れば製造年月日などが一目瞭然

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「プリウス純正カーナビので裏メニュー表示コマンド