マイカーにETCを付ける理由はドライバーそれぞれですが、ETC限定の割引サービスを期待して、という人も多いのでは? 土日や深夜の割引は有名ですが、ほかにも最大50%になる還元サービスも用意されています。今回は、これらの各種ETC割引サービスを紹介します。

ETC割引には深夜割引と休日割引

NEXCO3社と本四架橋のETC割引サービスで、よく知られているのが深夜割引と休日割引でしょう。どちらも普通車・軽自動車・二輪車が対象で、深夜割引なら毎日0~4時、休日割引は土日祝日(1月2日、3日を含む)の0~24時に高速道路を通過すると適用になります。

通過が条件なので、例えば夜23時に高速道路のICに入り朝8時に高速を降りた場合でも深夜割引になります。割引率は休日・深夜とも30%ですが、休日割引については東京・大阪近郊の路線は対象外。このため、深夜割引の方が割安なケースもあります。

例えば、東京ICから西宮ICまで東名高速・名神高速をフルに走りきった場合、通常料金1万1,120円のところが、休日割引なら8,550円、深夜割引では7,550円となります。これは、東京~厚木IC間と大津~西宮IC間が休日割引対象外のためです。

ETC割引で最大50%がポイント還元

あまり知られていませんが、平日の朝6~9時、夕方17~20時にETCで利用すると最大100km分が安くなる「平日朝夕割」というサービスもあります。これは、通勤時間帯に並行する一般道の混雑を緩和するために導入されたサービスです。

平日朝夕割を利用するには、高速道路のポイントサービス「ETCマイレージ」への加入が条件で、無料通行料金分として還元されます。還元率は毎月の利用回数に応じて決まり、1~4回は還元無し。5~9回の場合は30%、10回以上の場合は50%が還元されます。

例えば、東北道の宇都宮~白河IC間を朝夕の通勤で利用する場合、通常料金は片道1,930円。同区間を5回利用した場合は580円×5=2,900円分、10回では960円×10=9,600円分の無料通行料金として還元されます。

都市部の一部区間はETC割引対象外

通勤利用を想定した「平日朝夕割」ですが、毎回同じ区間を利用しなくてもOKです。ただし、利用回数や還元金額にカウントされるのは毎日朝夕1回ずつで、ETCマイレージで還元された無料通行料金を利用した場合もカウントされません。

また、休日割引同様に東京・大阪の近郊区間は還元対象外です。対象外区間は通勤時に高速道路も渋滞するため、ある意味当然とは言えます。そのほか、100kmを超えた分の通行料金も還元対象外です。

ちなみに、NEXCO3社の路線には休日割引、平日朝夕割だけでなく深夜割引適用外の路線もあります。関東では京葉道路・第三京浜道路・横浜新道・横浜横須賀道路、関西では第二神明道路がそれです。また、東京湾アクアラインはより割安な「アクアライン割引」が適用となります。

【関連リンク】
高速料金が割引になる年会費無料のサービスとは
プリウスの隠しコマンドで整備モードに切り替え
プリウスの隠しコマンドで表示される裏メニュー
高速料金の支払いは後日でも大丈夫だった!?
タイヤの側面を見れば製造年月日などが一目瞭然

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「ETC割引で最大50%ポイント還元「平日朝夕割」