パソコンには多くのパスワードが記録されています。それを忘れてしまった時に役立つのが、パスワードを抜き出せる解析ツールです。なのですが、第三者によって悪用されれば簡単に漏洩してしまうリスクもあります。特にブラウザに記録されているパスワードは狙われやすいため、自動保存は慎重に行わなければなりません。

recALLを起動したら手動回復を選択

パソコンを使っているとついパスワードの自動入力に頼りがち。何かの拍子でパスワードが自動入力されず、ログインするのに一苦労したという経験は誰にでもあるはずです。

「recALL」はHDDのスキャンでパソコン内のパスワードをすべてリストアップするツール。recALLは、PC内のあらゆるパスワードを抜き出すことができます。起動したら「手動回復」を選択。

さらに検索範囲と検索対象を選びます。パスワードだけでなく、ソフトのライセンスなども抽出可能です。スキャンが終わると、ユーザー名(ログイン)やパスワードの一覧が表示されます。パスワードを忘れてしまった時に有効です。

なお、Windows10の場合、パスワードを抜き出すツールは危険ツールとしてブロックされます。ただし、パソコンの管理パスワードがわかっている場合は起動を許可することが可能です。

Wi-Fiの接続パスワードを抜き出す

ブラウザに記録されたパスワードを抽出できるツールが「WebBrowserPassView」です。起動するだけで各サイトのパスワードが丸見えの状態に…。Webブラウザに記録されているパスワードを一瞬で抜き出せます。自分のパスワードを確認するためには便利なツールといえるでしょう。

Wi-Fi機器を追加しようとする時に設定済みの接続パスワードを思い出すのに苦労したという人も多いでしょう。そんな時に、Wi-Fiの接続パスワードを抜き出してくれるツールが「WiFi Password Revealer」です。

PCに記録されているWi-FiのSSIDと接続パスワードを抜き出します。暗号化方式なども表示される仕組みです。

【関連リンク】
迷惑メールのお金を受け取って系に返信してみる
匿名メールで正体を明かさずにメール送信する
USBに挿すだけでバックドアが作れるデバイス
Tor Browserを使って完全匿名で情報収集する
ネットストーカーの情報収集テクを知っておく

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「「recALL」ほかPC内のパスワード表示ツール3選