広い道を快適に飛ばしていたら後ろからパトカーのサイレン音が…ところが明らかに30km/h以上オーバーしていて「あー、免停だ!」と覚悟したのに30km/h未満の速度超過である青キップにしてもらえたという話を耳にしたことがあるはず。そんな警察官の温情にはウラがあるようです。

本当にスピードが出ていないケース

違反スピードが思ったより少なく青キップで済んだ場合、一番多いのが本当に30km/h(高速道路なら40km/h)以上オーバーのスピードが出ていなかったケースです。というのも、自動車のスピードメーターは実際のスピードより高く表示されるように調整されているためです。

もう一つは、本当に温情をかけてくれた場合です。スピード違反時に「これならOKでしょう」と言われた経験がある人もいると思いますが、この場合は温情をかけてくれた可能性もあります。

しかし、温情をかける警察側にも実はそうしたい事情があったりします。それは、スピード違反でドライバーが支払うお金がどこに向かうかに関係しています。つまり、青キップの方が警察としてうれしい面があるのです。

青キップで払うのは罰金でなく反則金

青キップも赤キップも同じように「罰金」を取られているように思われがちですが、実は支払うお金の種類が違います。赤キップの方は文字通り罰金ですが、青キップで支払うお金は「反則金」と呼ばれるものなのです。

反則金は、「交通違反通告制度」という仕組みで定められたもので、簡単にいえば軽い交通違反は裁判無しで済ませようという制度です。青キップの場合、反則金を払えばそこでで手続きは終了です。

そして、この反則金がどこに回るかといえば、国ではなく都道府県なのです。各都道府県警の交通違反通告センターが集めた反則金は、一旦は国のお財布(国庫)に入りますが、相当額が「交通安全対策特別交付金」として都道府県に戻されます。

赤キップの罰金は裁判所から国へ入る

日本の場合、警察官のほとんどは各都道府県に所属する地方公務員です。青キップで反則金が支払われることは、都道府県にお金が入る、つまり警察官側から見れば身内のお金が増えることになります。

一方、赤キップの罰金は裁判所へ支払うもので、国のお財布(国庫)に入ります。警察官にしてみれば、無理して赤キップにして国のお財布を増やすぐらいなら、青キップで身内のお金を増やしたした方がいい、となる可能性も考えられるのです。

もっとも、機械的にスピードが判定されるオービスやねずみ捕りでは、温情のかけらもなく赤キップが切られます。また、30km/hオーバーでも容赦なく赤キップを切る警察官も多いので、制限速度はしっかり守りましょう。

【関連リンク】
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「スピード違反を青キップで済ませるウラ事情とは