クルマで使うiPhone車載ホルダーにはさまざまなタイプがありますが、選ぶ際に実は意外と忘れがちなのが充電のことでしょう。車載ホルダーとiPhoneの組み合わせによっては、充電端子をふさぐ形となってしまうものもあり、何より乗り降りする度にケーブルを抜き挿しするのは煩わしいものです。

マグネット式iPhone車載ホルダー

そこに目を付けたのが「XVIDA」の車載用ワイヤレス充電器(実勢価格13,800円)。ワイヤレス給電規格「Qi」を採用し、iPhoneに専用のケースを装着して、車載ホルダーに置くだけで充電できます。

また、車載ホルダーがマグネット式のため、スマホをツメで挟むといった操作が不要。ただ“置くだけ”と便利です。対応機種はiPhone6/6S/7/8/8 Plus/Xになります。

充電パッドはシガープラグからUSBケーブルを介して電力が供給され、給電が可能な状態なら中央の「X」のロゴが緑に発行します。iPhoneケースもとてもスリムで、背面にマグネット付きの受電側パッドを装備しています。

iPhone車載ホルダーの取付タイプ

一般的なiPhone車載ホルダーのようにツメをガイドに取り付けるわけではなく、ただ平面のパッドに貼り付けるようにして使うXVIDA。ケースの背面には何の引っ掛かりもないものの、マグネットはかなり強力で、走行中の振動くらいではまず落ちることはありません。

また、取り付け位置も磁力で自然と誘導されるため、位置を間違って充電できていないということもありませんでした。

取り付けタイプも、通気口取付/吸盤取付/CDスロット取付と3タイプがあり、使用シーンを選びません。ワイヤレス充電の利点を最大限に活かせるiPhone車載ホルダーといえるでしょう。

【関連リンク】
高速料金が割引になる年会費無料のサービスとは
プリウスの隠しコマンドで整備モードに切り替え
プリウスの隠しコマンドで表示される裏メニュー
高速料金の支払いは後日でも大丈夫だった!?
タイヤの側面を見れば製造年月日などが一目瞭然

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「ワイヤレス充電が可能なiPhone車載ホルダー