「巻き肩」とは両方の肩が前に出てしまって、体を包み込むように内側に入り込んだ状態のこと。巻き肩の状態が長く続くと、胸が圧迫されて呼吸が浅くなってしまいます。すると、倦怠感や不眠、食欲不振などの原因となるのです。自分が巻き肩になっているかどうかを簡単にチェックする方法を紹介しましょう。

巻き肩の原因に情報のデジタル化

呼吸が浅いせいで肺年齢が実年齢より上になりがちな現代人。その原因を調べてみると、呼吸が浅い人の多くに共通点が見られました。その共通点とは「巻き肩」。巻き肩とは、肩が丸まって前に出てしまう状態です。

そして、現代人には巻き肩が多くなっています。その原因の1つが情報のデジタル化。昔は新聞や雑誌が中心だった情報が、今ではスマートフォンなどに変化して巻き肩を引き起こしているのです。

かつては新聞や雑誌を両手で広げて姿勢よく読んでいたものが、スマートフォンなどの普及によって手にするものが小型化。背中が丸まってしまって、巻き肩になりやすくなったといわれています。

巻き肩を簡単にチェックする方法

そのほか、巻き肩が増えた原因と考えられるのは運動不足やストレスの増加など。巻き肩の姿勢の悪さによって胸が圧迫されてしまうため、現代人は浅い呼吸になってしまっているわけです。

そこで、巻き肩を改善すれば姿勢がよくなり、見た目が若々しくなれるだけでなく浅い呼吸が改善。代謝がアップして体の内面も若返るというわけです。そこで、自分が巻き肩になっていないか簡単にチェックする方法を紹介しましょう。

リラックスした状態で立って、肩の力を抜いて両手を下に垂らします。じつはこれだけで、巻き肩をチェックが可能です。このとき、正面から見て手の甲が前を向いて中指まで見える人は要注意。巻き肩の可能性が高いのです。

【関連リンク】
チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符
透視撮影が赤外線フィルターで可能になる理由

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「巻き肩になっているかを簡単にチェックする方法