「フォトショップ」は言わずと知れた画像レタッチの定番ソフト。プロのデザイナーも愛用する高機能ソフトだけあって、価格もけっして安くはありません。そこで活用したいのが、有料ソフトの代わりになる無料ソフト。そんなフォトショップの代替ソフトになるのが「Sumo Paint」という画像編集ツールです。

フォトショップ代替に無料ツール

「フォトショップ」は画像レタッチソフトの定番中の定番。とはいえ有料ソフトのため、個人利用の場合は最低でも月1,058円かかります。プロのデザイナーでもなければ、画像レタッチに年間1万円以上かけるのは現実的ではありません。

そこで、フォトショップの代替ソフトとして利用したいのが「Sumo Paint」というクラウド型の無料の画像編集ツールです。インターフェースはPhotoshopに似ており、日本語表示には非対応なものの、直感的な操作が可能です。

「Sumo Paint」はウインドウ内でFLASHの読み込みが始まり、編集ウインドウが登場する仕組み。テキスト入力はもちろん、スタンプ・フィルター・レイヤー機能なども備えています。

フォトショップに匹敵する無料機能

実際の使い方は「Sumo Paint」の公式サイトへアクセスして「Try Online」をクリック。すると「Sumopaint Lite」が立ち上がります。会員登録をしなくても画像編集機能は使えるので試してみるとよいでしょう。

ブラシツールの種類は豊富で、さまざまなタッチや透明度を設定できます。また、画像上へのテキスト入力も複数のフォントから選択可能です。さらに、明るさ・コントラスト・色調・ホワイトバランスなど、細かな画像修正が行えます。

本家のフォトショップに匹敵するレイヤー機能も無料ツールは搭載。レイヤー機能を上手に使うことが、よりプロっぽい仕上がりにするポイントです。ウインドウ右下の「Layers」タブより、レイヤーの追加や削除、「Darken」「Screen」などのモード選択ができます。

【関連リンク】
チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符
透視撮影が赤外線フィルターで可能になる理由

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「フォトショップの代替に使える無料の優秀ツール