チョコボールは、当たりくじ付きお菓子の定番中の定番。箱の上部にある「くちばし」と呼ばれる取り出し口側面にエンゼルが描かれていたら当たりです。金のエンゼルなら1枚、銀なら5枚でおもちゃのカンヅメがもらえます。そんなチョコボールの当たりを印刷の違いで見抜く手順を見ていきましょう。

チョコボールの当たりに印刷ライン

チョコボールの当たり箱を手にするために、知っておきたい2つのポイントがあります。1つは「メーカーの工場における紙箱の印刷ラインは複数存在している」こと。当たりハズレとは関係なく、紙箱によって色味や印刷のズレが生じています。

それゆえに「印刷ラインごとに当たりの判別方法が異なる」というのがもう1つのポイントです。このため、無闇にチョコボールのパッケージの印刷の違いを見つけようとしても、当たり箱を見つけることはできません。

ここで必要になるのが、自分が買おうとしているチョコボールが、どの印刷ラインのものかを見極めて分別する作業です。印刷ラインの違いは、パッケージ側面のビニールに押印されている英数字から分かります。

チョコボールの当たりの印刷の違い

実際、20個入りのチョコボールを箱買いしてい見ると、印刷ラインを示す英数字は「AA8」と「BA8」の2種類が存在していました。まずはこの2つのグループ分けをしなければならないのです。

グループ分けしたら従来通り、当たり箱とハズレ箱の間に生じている印刷の違いを探す作業に入ります。同じグループであるにもかかわらず、印刷に違いがある“仲間外れの箱”を探すことで、当たり判別の足掛かりを見つけるのです。

実際は印刷ラインごとに当たりとハズレの印刷の違いは異なりますが、今回検証したピーナツではキョロちゃんのくちばし横に付着したゴミがないのが当たりでした。また、キャラメルでは食品表示の仕切り罫線が上部の文字との距離が近いが当たり。ハズレはすき間が空いていました。

【関連リンク】
チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
自販機の裏ワザ「デバッグ法」は存在するのか?
チョコボールのエンゼルは側面の英数字で分かる

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「チョコボールの当たりを印刷の違いで見抜く手順