スマホを下取りや中古ショップへの売却に出す時、端末内のデータが第三者に渡ってしまう心配がないか気になるところ。下取りする前に「データの消去」を行うのは当然ですが、スマホのデータを復旧できるソフトも販売されています。そこで、スマホを下取りに出す時には初期化の前に暗号化してからが安全です。

スマホ下取りは個人情報流出が心配

スマホを下取りや買い取りに出す時、データを初期化して個人情報を削除するのは基本中の基本。ただし、端末を水没させてしまった時などのために、スマホのデータを復元するソフトも市販されています。個人情報が流出しないか心配なところです。

そこで、スマホはデータを初期化する前に、暗号化しておくことで安全性が高まります。暗号化するといっても特別なソフトやツールが必要なわけではありません。Android端末の標準機能を使って暗号化します。

これなら悪意ある第三者が特殊なソフトを使って初期化された端末のデータの復元を試みたとしても心配ありません。スマホのデータが復元されたとしても、暗号化されていればパスコードがない限りファイルを開くことは不可能です。

スマホの下取りは暗号化して初期化

さっそく、Android端末を暗号化する手順を見ていきましょう。「設定」→「セキュリティ」→「携帯電話の暗号化」を選択。メーカーや端末によっては「スマートフォンの暗号化」「暗号化デバイス」というメニューになっています。

ここで「携帯電話を暗号化」をタップして端末内のデータを暗号化するのです。暗号化にかかる時間は1時間ほど。「暗号化されています」の表示が現れたら、暗号化が完了したということです。

スマホを暗号化すると、パスコードを入力しないとファイルが開けなくなります。さらに、スマホを下取りに出す時に「設定」→「バックアップとリセット」から「データの初期化」で初期化していけば安全というわけです。

【関連リンク】
LINEを既読つけないで読む方法…の落とし穴
iPhoneの裏ワザでWi-Fiの速度をアップさせる
iPhone隠しコマンド10選!あくまで自己責任で
LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策
「ケルベロス」アプリでスマホを遠隔操作!

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「スマホ下取りは初期化の前に暗号化するのが安全