家庭用のインクジェットプリンターで困るのがインク切れの警告。残量が完全にゼロになったわけではないのに、印刷できなくなってしまいます。これはプリンターは残量が一定を下回ると、余裕を持ってインク切れと認識する仕様になっているため。そこで、プリンターのインク警告を強制リセットする方法を紹介します。

プリンターのインク残量をリセット

各メーカーのインクジェットプリンターには、インク残量の検知にICやレベルメーターなどをそれぞれ利用しています。そして、実際には多少インクを残した状態で残量ゼロと認識されてしまうのです。

この際、最も困るのが黒インクが残っていても他のカラーインクが無くなったためにプリンターが動作しなくなること。主要な3メーカーのプリンターで、それぞれ回避する方法を調べました。

キヤノン製プリンターのインク残量のリセット方法は、本体のストップボタンを長押しするだけ。インク残量警告が出たら、プリンター本体のストップボタンを5秒以上長押しします。すると、インク残量警告を無視するモードになるので、本当にインクがカラになり印刷できなくなるまで使い続けられます。

プリンターのインク残量をIC管理

エプソンプリンターのインク残量は、インクカートリッジのICが管理。このICチップをリセッターでリセットすることで、残量メーターを復活できます。ICチップのリセッターは、100均ショップで購入可能です。

このリセッターをインクカートリッジのICチップに接触させるだけでOK。リセッターのランプが緑に光ればリセット完了です。これでインク残量が復活。インクが完全に尽きるまで使えます。

ブラザーのプリンターインク残量は、インクカートリッジ本体にあるレベルゲージで確認しています。レベルゲージが下限まで下がると、プリンターがインク切れとして認識する仕様です。

このレベルゲージを光を通さないテープで覆い隠してしまえば、インク残量をごまかせます。実際にガムテープを貼ると、インクが不足している時の警告が消えて満充填状態になりました。インク残量警告が出なくなり、残りのインクを絞り出して印刷可能になります。

【関連リンク】
チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符
透視撮影が赤外線フィルターで可能になる理由

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「プリンターのインク警告を強制リセットする方法