ライブやコンサートで使用される音質重視のワイヤレスマイクは、特定ラジオマイクという免許を受けて使うA/A2規格と免許不要のB規格があります。このうち、特定ラジオマイクは一部でデジタル化が始まっていますが、ライブのワイヤレスマイクはアナログ波が使われたまま。その理由を見ていきましょう。

ワイヤレスマイクは楽器に近い存在

ライブやコンサートで使われるワイヤレスマイクは、通信機器というよりも楽器に近い存在。音声以外にデータを乗せる必要がないため、デジタル化するメリットが少ないのです。

一方、ワイヤレスマイクをデジタル化するデメリットはしっかり存在。ごくわずかながら音声の出力が遅延し、音質も変わってくるのです。繊細な感覚を持つアーティストにとっては致命的な問題と言えるでしょう。

たしかに、チャンネルリストに縛られたくないテレビのロケ取材といった場面では、ワイヤレス機器はデジタル波の1.2GHz帯を多用。また、大企業の会議など秘匿性を必要とされる現場でもワイヤレス機器がデジタル方式が主流となりつつあります。

ワイヤレスマイクはアナログが主流

しかし、ライブやコンサートのワイヤレスマイクでは、まだまだアナログ波が主流。今までアナログ方式で問題が無かったのだから、無理にデジタル方式を選択する必要はないという判断になっているというわけです。

加えて、ライブ会場でアーティストが演奏などのモニターするための「イヤーモニター」はアナログ方式しか製品化されていません。イヤーモニターの周波数を受信機で聞くと、音声や演奏の音が聞こえてきます。

仮にボーカルマイクにデジタル方式が採用されても、イヤーモニターはアナログ波として残るというわけ。制度的にもアナログ方式は存在し続けるため、ライブやコンサート会場の電波は当分、デジタル化で聞けなくなることはないでしょう。

【関連リンク】
チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符
透視撮影が赤外線フィルターで可能になる理由

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「ライブのワイヤレス機器がデジタル化しない理由