世界中に利用者がいる動画共有サイトが「YouTube」です。動画を見る時の定番サイトとなりましたが、気になる動画がいつの間にか消えてしまうこともしばしば。そんな時はダウンロードして手元に持っておくと便利です。そんなYouTubeで知っていると役立つワンランク上の活用テクニックを紹介しましょう。

YouTube動画のダウンロード支援

YouTubeの動画を保存したい時は、ダウンロード支援サービスがお手軽です。「Offliberty」のサイトでYouTubeの動画ページのURLを入力すればOK。音声だけ抽出してMP3で保存できるのも便利です。

具体的な操作方法は、Offlibertyのサイトに動画ページのURLを貼り付けて「OFF」を押すだけ。すると、ダウンロードリンクが表示されます。右クリックで「名前を付けてリンク先を保存」を選べばYouTube動画が保存できるのです。

YouTube動画のおすすめシーンをピンポイントで紹介する方法もあります。家族や友人に動画の特定のシーンを見せたい場合は、そのシーンで映像を一時停止し、共有用URLを取得しましょう。

YouTube動画のMVに歌詞を表示する

具体的には、シェアしたいYouTube動画を見せたい場面で一時停止。「共有」ボタンをクリックします。「開始位置」にチェックを入れると、共有用のURLが作成されるのです。このURLを開けば、停止したシーンから映像がスタートします。

「Musixmatch Lyrics for YouTube」は、YouTubeで公開されているMV上に歌詞を表示するブラウザ拡張機能です。アーティスト名と楽曲名が登録されているメジャーな動画なら、日本人でもほぼ歌詞が表示されます。

Chromeウェブストアから拡張機能「MusixmatchLyrics for YouTube」をブラウザにインストール。プレーヤー下部に歌詞が表示されるようになります。非表示にしたい時は、ツールバーの「字幕」をオフにすればOKです。

【関連リンク】
テレビの裏ワザ満載「カラバコ」を知っている?
Amazon Fire TVの機能を強制的に拡張する方法
ニコニコ動画をアカウントなしで視聴する方法
KODIをAmazon Fire TVにインストールする方法
YouTubeの検索テクニックを駆使して動画を探す

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「YouTube動画のダウンロードなど役立つテク3つ