セキュリティにうるさい昨今、メールで送られるファイルはパスワード付きがほとんどです。ファイルを受け取った時にはすぐ解除できるものの、しばらくして再び開こうした時が大変。パスワードが見つからずに困った経験は誰にもあるはずです。そこで、ファイルにかけられたパスワードを解析する方法を紹介します。

圧縮ファイルの全パスワードを試す

ZIP/RAR/7z形式の圧縮ファイルはパスワードに対応しており、ファイルを保護できます。しかし、総当たり方式で全パスワードを試すことで解除は可能。そこで、解析ソフトの出番というわけです。

まずは無料の「Archive Pass Retriever」をダウンロード。EXEファイルに圧縮ファイルをドラッグ&ドロップするだけでパスワードを解析します。解析が終了するとパスワードが表示。これを入力すればOKです。

なお、圧縮ファイルのパスワードが解析できない時は検索条件を変更するとよいでしょう。フォルダ内の「APR.INI」を開き、パスワードの検索条件を変更すると解析できるケースもあります。

PDFファイルのパスワードを解析

Excelファイルはパスワードをかけて保護が可能。しかし、パスワードを忘れると当然、開けなくなります。そこで活用したいのが無料ソフトの「エクセルパスワード解除 For Excel2016」です。

このソフトを通すだけで、簡単にパスワードが判明します。「読み取りパス解除」で保護されたExcelファイルを開くと、パスワードが解析されるのです。

パスワードで保護されたPDFファイルは、無料ソフトの「PDFPassword Recovery Free」が有効です。同ソフトは多少時間がかかるものの、総当たり方式なので確実性が高いのがポイントです。

使い方はソフトを起動後、検索条件を設定するだけ。PDFファイルのパスワードは最大32文字です。時間がかかる場合はソフトの検索条件で、文字数などを指定して解析するとよいでしょう。

【関連リンク】
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
赤外線フィルターを使った透視撮影にトライした
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「ファイルにかけられたパスワードを解析する方法