デジタルデバイスは、使い方次第で盗聴器になるものが多くあります。例えば、ICレコーダーをテーブルの裏にセットしておけば、会話を盗み聞きできるというわけです。その意味で、自分の寝言を録音するためのアプリも盗聴器のようなもの。音がした時だけ録音するため後から再生するのも簡単です。

スマホがVOX機能付き盗聴器になる

自分の寝言やいびきを録音するために作られたアプリが「Sleep Talk Recorder」。スマホに録音されるのは音がした時のみのため、寝言を確認するためにひたすら無音状態を再生する必要がない設計になっています。

この寝言録音アプリをスマホにインストールしておけば、簡易的なVOX機能付きの盗聴器になるということ。VOX機能とは「Voice Operated Transmit」の略で、音声によって送信をコントロールするという意味です。

盗聴器は通常、拾った室内音を送信し続けていますが、これでは誰もいない無音状態でも電波を発信し続けてしまいます。それがVOX機能付きの盗聴器なら、音声がマイクに入った場合にのみ電波を発射するようになるのです。

スマホでウワサ話をコッソリ聞く

そして、このVOX機能付き盗聴器のように音がした時だけ動作して、スマホの周囲の音を録音できるのが「Sleep Talk Recorder」というわけ。会社などで離席するときにデスクにセットしておけば、同僚の悪口やウワサ話をこっそり聞くことができます。

利用方法はアプリで録音の感度を調整して「有効にする」をタップ。これで録音が始まるので、あとは目立ちにくい場所にスマホを隠しておけばOKです。もし音が録音されていないようなら、感度を高めに設定してみましょう。

アプリに自動録音された音声を確認する方法は、上部にあるメニューの再生ボタンをタップして録音データを表示。タップするとプレーヤーが開くので、録音された音声が確認できます。アプリはiOS/Android版とも無料で入手可能です。

【関連リンク】
盗聴はアプリをスマホに入れればできる時代
盗聴器はスマホに自動応答アプリを入れるだけ
盗聴器が発見されるラブホテルの注意ポイント
盗聴器の周波数はUHF帯の3波をスキャンする
ラブホテルに代わり増えている盗聴器の発見場所

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「スマホが盗聴器に早変わりする録音アプリとは?