巨大通販サイト「Amazon」で商品を購入する際、参考になるのが購入者のレビューやショップの評価。しかし、Amazonの口コミの中には、商品を売るために販売業者の息がかかったやらせレビューが多数あるため、迂闊に信じ込むのは危険です。Amazonレビューでやらせを見抜く3つのポイント見ていきましょう。

Amazonのレビューで評価が二極化

Amazonのレビューでやらせを見抜くポイントは3つあります。1つめはレビューの日本語が変なこと。これはステマ工作を行っている業者は中華系が多いためです。自社の社員や関係者が自らのアカウントを使ってレビューを書いているため、日本語が不自然です。翻訳ソフトなどを用いて書いた可能性が高いでしょう。

Amazonのレビューでやらせを見抜く2つめのポイントは、評価が星5つと星1つに多いこと。レビューが高評価と低評価で二極化している商品は怪しいでしょう。商品自体の品質に問題があり、それをかき消すために自社でステマレビューしている可能性があります。二極化していたら、低い評価のレビューに注目しましょう。

Amazonのレビューでやらせを見抜く3つめのポイントは、参考価格が異常に高いこと。Amazonの参考価格は規制がユルく、出品者自らが自由に設定できます。

Amazonやらせレビューの募集条件

そこで、割安感を演出するために、Amazonで参考価格をやたら高く設定している商品は疑う余地あり。やらせレビューの業者である可能性大です。

なお、Amazonのやらせレビュー業者はSNSのFacebookを活用してレビュワーを募集しています。Facebookの検索欄に「アマゾン レビュー」などと入力すれば、容易に業者を見つけ出すことが可能です。

「商品を無料でプレゼントする代わりに、レビューを書いてくれ」というのが、Amazonのやらせレビューの基本的な募集条件。建て替えた代金はPayPalなどで送金されます。募集商品のジャンルは、家電製品や生活雑貨、アパレル用品がメイン。中には、Amazonで5,000円以上で販売されている商品もあります。

【関連リンク】
Amazonのあわせ買い対象商品を単体買いする
Amazonギフト券の使い方で絶対得するテク
Amazonでポイントを三重取りする方法とは?
Amazonギフト券の使い方でTポイントを現金化
Amazonの定期便は1回限りでも10%オフになる

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「Amazonレビューでやらせを見抜くポイント3つ