洗車はワンコインで行えるものの、車内清掃は一筋縄ではいかずついつい怠りがち。汗が染み込んだシートやフロアマットに落ちた食べカスに加え、喫煙者であればタバコのニオイまでブレンドされてたまりません。そこで、簡単にできるクルマの車内脱臭方法を紹介。さらに、Amazonの人気商品の実力をチェックしました。

クルマの脱臭は高温送風でカビ取り

クルマのニオイで気になるのが送風口からのカビ臭。高温・送風でカビを取ることで脱臭してしまいましょう。窓全開でエンジンをかけてエアコンをオフ。10分間、最高温度・最大風量により送風することで内部のカビやホコリが取れます。

クルマの脱臭のためにシートのクリーニングを業者に頼むと数万円。シートは消臭剤で十分に効果が期待できます。応急処置なら、布製品用の「ファブリーズ」無香タイプが手軽です。

フロアマットの脱臭にガソリンスタンドにあるマットクリーナーを使うと、乾かすのが大変。フロアマットは叩くだけでも十分に効果あり。道路に叩きつけるだけでもかなりきれいになります。

クルマの脱臭にグッズを利用する

簡単にできるクルマの脱臭対策でも効果がないなら、消臭グッズを利用するのも手。そこで、Amazonの人気消臭商品の効き目をチェックしてみました。

SonRuの「車用空気清浄機」は、ファンとフィルターを内蔵。わずかながらニオイは軽減しました。ただし「粒子捕集率が極めて高いHEPAフィルター使用」とありますが、中は通常のフィルターにしか見えません。実勢価格は3,000円です。

カーメイトの「Dr.DEOプレミアム500g」は、米国で開発された除菌消臭剤「安定化二酸化塩素」(錠剤に反応して気化)で、悪臭分子を酸化分解します。実際に使ってみると、乗り始めの「臭っ」と思う感じが、かなり軽減されました。実勢価格は1,282円となっています。

【関連リンク】
高速料金が割引になる年会費無料のサービスとは
プリウスの隠しコマンドで整備モードに切り替え
高速料金の支払いは後日でも大丈夫だった!?
プリウスの隠しコマンドで表示される裏メニュー
タイヤの側面を見れば製造年月日などが一目瞭然

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「頑固なクルマのニオイを簡単に脱臭する方法とは