盗難車と聞くと、人気車や高級車が狙われているイメージがあります。しかし、盗難車で常にランキング上位に入っているのがトヨタの「ハイエース」です。盗まれたハイエースはいったいどこへ行くのでしょうか? 盗難に遭いやすい車種のランキングとハイエース盗難の最新動向についてみていきましょう。

ハイエース盗難は需要があるから

日本損害保険協会の発表による2017年に最も盗難に遭った車種は、第1位がトヨタの「プリウス」で、第2位がトヨタの「ランドクルーザー」と人気車が並びます。そして、第3位がトヨタの「ハイエース」です。

ちなみに、2017年の車種別車両盗難状況トップ5を見ておくと、5位はスカイラインで比率は5.0%、4位はレクサスで9.0%、3位はハイエースで10.1%、2位がランドクルーザーで11.5%、1位がプリウスで22.3%となっています。

実はハイエース、2014年から2016年まで3年連続で第2位。それ以前もプリウスが1
位の座につくまでの2007から2013年まで、ハイエースが7年連続第1位でした。なぜこんなにハイエースが盗難で狙われるかというと、その要因は需要があるからです。

ハイエースの盗難車が途上国に輸出

ハイエースは中古市場でも価格が落ちにくい車種になります。特に海外では絶大な人気があるため、窃盗団によるハイエースの盗難車が途上国に輸出される事件が後を絶ちません。

かつては盗難車がヤードで解体され、コンテナで海外に運ばれるケースが多かったものです。具体的には、3台分程度のハイエースを切断。コンパクトにしてコンテナで海外へ送られていました。

また、ハイエースは部品取り用としてでも高価で取引されており、あえて改造を施して時間と手間をかけずとも、貿易業者などが高く買ってくれます。もちろん書類などなくても買い取る業者がいるでしょう。さらに最近では、国内の中古車屋にハイエースの盗難車が出回っているケースも確認されています。

【関連リンク】
高速料金が割引になる年会費無料のサービスとは
プリウスの隠しコマンドで整備モードに切り替え
高速料金の支払いは後日でも大丈夫だった!?
プリウスの隠しコマンドで表示される裏メニュー
タイヤの側面を見れば製造年月日などが一目瞭然

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「盗難車でハイエースが常にランキング上位な理由