2018年1月、高収入求人トラックの「バニラ宣伝カー」プラモデルを発売し、世間の度肝を抜いた「アオシマ」こと青島文化教材社。これまでも「合体シリーズ」「デコトラ」「パトカー」「族車」といった、他社と一線を画した独特すぎる商品を展開してきました。アオシマのプラモデル作りの歴史を見ていきましょう。

模型の飛行機がアオシマのスタート

「創造のプラモデル」という社是を掲げてきたアオシマの前身は、戦前に遡ります。青島文化教材社企画開発部の堀田雅史部長に、知られざるアオシマヒストリーを語ってもらいました。

「元々、アオシマの創業者・青嶋次郎は静岡で初めてパイロット免許を取得した人物だったんです。飛行機を利用した新しい仕事ができないかと考え『青島飛行機研究所』を設立。しかし、時勢的に飛行場が使いにくくなり飛行機を降りることになります」と語ります。

「1932年頃に模型の飛行機を作り始めたのがメーカーとしてのスタート。その後はライトプレーンなども手がけ、教材として市場を広げます。静岡は徳川家康の城下町で、木工が盛んな職人も多く集まっていた街。模型教材が発展するのには好適な土地柄だったんですね」とのことです。

アオシマのプラモデル数々のヒット

アオシマに転機が訪れたのは1960年代。アメリカからプラモデルが上陸し、新規メーカーが乱立しました。その中で、アオシマはプラモに遊べるギミックを施すなど他社と一線を画しながら、アポロ11号が月面着陸した1969年、「アポロシリーズ」をいち早く発表し大ヒットします。

「当時は採寸なんかできるはずもなく、それらは自由に創造したものですが(笑)。昔から変わった物を作るのが好きなんですね。ロボットに合体ギミックを加えた『合体シリーズ』は、1体ずつの単価を抑えて子供の買いやすさを意識していたのだと思います」と話してくれました。

その後も、いち早く商標を登録し現在もベストセラーの「デコトラシリーズ」、高性能スポーツカーを早い段階でプラモ化した「スーパーカーシリーズ」、「西部警察シリーズ」「ザ・チューニングカー」など、あるようでなかったプラモデルを発表し、数々のヒットを生み出しています。

アオシマのプラモデルはすぐに作る

多くのメーカーが切磋琢磨しながら、1980年代になってもプラモデル業界は延び続け、メーカー各社は得意な分野をさらに突き進むようになります。アオシマは乗用車・バイク・ロボット・キャラクターなどに注力しながらも、ちょっとだけ変化球といえるような製品も作ってきました。カスタムカーやデコトラです。

そういったさまざまな経験が「すぐに作る」というアオシマの社風の一因になっているようです。「チャンスを取り逃した経験も何度もあるのでやはり、善は急げという社風があります」と堀田部長は言います。

それは、2010年に「小惑星探査機はやぶさ」をすぐに発表して、大ヒットさせた経緯につながるのです。青嶋次郎が模型屋を始めてから80年以上、アオシマのスピリッツは間違いなく受け継がれているのでした。

【関連リンク】
チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符
透視撮影が赤外線フィルターで可能になる理由

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「アオシマの独特すぎるプラモデル作りの歴史とは