白バイは交通機動隊の中でも、白バイ隊員だけが乗ることができる乗り物。日々の練習で磨いた高度なテクニックで違反車を追いかける、まさに交通取り締まりの主役といえます。そんな白バイの現役モデルはおもに4車種。そのうち、最新モデルであるヤマハの白バイは滅多に遭遇できないレアキャラです。

最新鋭の白バイはスタイリッシュ

白バイは2014年に採用されたヤマハの「FJR1300P」が最新モデル。次いで、2009年に導入開始された「CB1300P」、2004年採用のスズキの「GSF1200P」、2001年から2008年まで調達されたホンダの「VFR800P」となります。

最新鋭の白バイともいえる「FJR1300P」は1993年の「FZ750P」から数えて、22年ぶりのヤマハ製。初期に全国で30台が警視庁と福岡県警に配備されているほか、いくつかの県警でも導入されているようです。

多くの白バイが赤色回転灯を両サイドに配置するなか「FJR1300P」はLEDの点滅灯というのが特徴。レーシングバイクのようなしなやかなボディで、スタイリッシュな横からのアングルが美しい白バイです。

さまざまなボックスが取り付けられた後ろ姿は、まるで宇宙船のような風格。ただし、市販車で289kgの車重は、白バイ装備でさらに増加しています。この条件で白バイ隊員からの支持が厚い、ホンダ白バイの牙城を崩せるかがポイントです。

主力の白バイはマイルドな乗り心地

現在の白バイの主力モデルは「CB1300P」です。成熟した「VFR800P」の後継機として2009年に導入開始。ベース車がツアラーなので「VFR800P」よりもホイールベースが長く、車重も増加。マイルドな乗り心地になっています。

「GSF1200P」は2004年採用ながら影が薄いモデルです。1980年の「GSX750P」以来のスズキの白バイで、全国配備された初の1,000ccオーバーの白バイ。この点は話題になりましたが、白バイとして完成の域に達していた「VFR800P」のライバルにはなれずに、白バイ隊員からも不評でした。

「VFR800P」は現役最古参の白バイです。片持ちスイングアーム「プロアーム」の採用と、V型4気筒エンジンの組み合わせはレーサーライクな乗り味。軽量でコンパクトな車体は取り回しにも優れています。

白バイならではの交差点でUターンからの追尾も得意なため、反対車線にいても安心できません。ただし、その姿を見かける機会は少なくなりました。

【関連リンク】
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「白バイの新旧モデルによる運転性能の違いとは?