東和通信社・藤井正之氏は、日本における盗聴器発見業の第一人者。一般家庭・企業・政治団体など広く相談・調査に応じてきました。そんな盗聴器発見のプロは調査でどんな受信機を使っているのでしょう。藤井氏の盗聴波の実態調査に同行して、最近の盗聴事情についても聞きました。

盗聴器の定番の周波数をスキャン

藤井氏の調査機材が詰まった“営業車”に乗り込むと、運転席の横にはアイコムの固定タイプの広帯域受信機「IC-R8500」、ダッシュボードにはアイコムの車載タイプの広帯域受信機「IC-R100」が置かれていました。

IC-R8500はルーフのモービルアンテナに接続され、広域で盗聴器の電波を受信。IC-R100にはハンディ用のアンテナが付いており、こちらは盗聴器の発信源を特定するためのものです。20年以上、車載機として愛用している受信機です。

どちらの機材もスキャンするのは、藤井氏が20年ほど前に提唱した「UHF帯の3波」と呼ばれる盗聴波における定番の周波数。クルマで流しの受信をする際は、この3波で十分なのです。

盗聴器を仕掛けるのは家族が多い

そんな藤井氏は「一般家庭の盗聴は、明らかに増加傾向にあると感じています。相続や浮気といった家庭内の問題です。特に浮気調査の場合、興信所に依頼せず、盗聴器を買ってきて自分でやってみる人が増えているようです」と話します。

「盗聴の情報はネットで調べられますから。盗聴器を誰でも簡単に買える時代を反映しています」とのこと。盗聴器を仕掛けているのは親戚を含めた家族が多いといいます。「一般家庭に仕掛けられた盗聴器の大半は家庭内盗聴」なのです。

このほか「小さな会社は営業マンが出かけると、社長と女子社員が2人きりというところも。そうなると、社長と社歴の長い女子社員が不倫しているなんてことがよくあるんです。そこで社長の奥さんが、会社に盗聴器を仕掛けるケースがあります」。盗聴してる人は必ず近くにいることを考えれば納得できる話です。

【関連リンク】
盗聴はアプリをスマホに入れればできる時代
盗聴器はスマホに自動応答アプリを入れるだけ
盗聴器が発見されるラブホテルの注意ポイント
盗聴器の周波数はUHF帯の3波をスキャンする
盗聴器が発見される場所を知っていて損はない

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「盗聴器発見のプロが調査で使っている受信機は?