飲酒検問はポイントが稼ぎやすく、手っ取り早い取り締まりです。ただし、酒気帯び運転を取り締まるのは飲酒検問だけではありません。じつは、酒気帯び運転を捕まえる交通機動隊員ならではのテクニックが存在。街中を巡回する自動車警ら隊にも酒気帯び運転を取り締まるテクニックがあるのでした。

酒気帯びを狙い覆面パトカーで徘徊

交通機動隊員は、大きな獲物を狙おうとします。そうすると「当然、酒気帯びのドライバーを捕まえた方がポイントは高いんですね。まずは夜に覆面パトカーで繁華街を軽く徘徊します」と元交通機動隊員は話します。

「私自身は、繁華街で携帯電話を片手に運転しているドライバーを見つけたらロックオンしますが、そんな小さな違反で覆面パトカーの存在を明かすのはバカバカしいと思っています」。大抵、飲み屋が入っているビルから出てきた者は酒気帯びの可能性が高いので、ある程度クルマを走らせるまで泳がせるそうです。

あとは長年の勘が重要だそうですが、気づかれないように後をつけます。例えば携帯電話を使っていれば呼び止めやすいことから、まずは軽い違反でクルマを停止。「ここで酒気帯びだったりするとビンゴ」となるわけです。

車種を覚えて酒気帯びで捕まえる

「主要幹線道路なんかでブレーキを踏むタイミングがおかしい車も酒気帯び率が高いので、後ろから遠目でロックオンは欠かしません」。ブレーキを踏む回数や間隔を見て、酒気帯び運転のクルマを判別しているのでした。

一方で「酒のシーズンは交通機動隊と違反者の取り合いになりますね」というのが、白黒パトカーで街中を巡回する自動車警ら隊、通称・自ら隊です。地域に密着した警らを得意とする自ら隊も、繁華街を中心に取り締まります。

夕方に繁華街を見回り、駐車場などで車種を覚えておきます。そして、そのクルマの持ち主が帰って来たらすかさず追跡するのです。「ほぼ飲んでいるはずなので、一時停止違反やウインカーの出し忘れなどで停車させて、酒気帯びで捕まえてしまうのです」といいます。酒気帯び運転は絶対にやめましょう。

【関連リンク】
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「酒気帯び運転を取締る交通機動隊員のテクニック