iPhoneで人に見られたくないマズイ写真があるなら、単にゴミ箱を押して「写真を削除」するだけではダメ。30日以内に削除した写真は復元できてしまうからです。逆にいうと、誤って削除してしまってもiPhoneの写真は復元できるということ。iPhoneの写真を見られたくないなら完全削除しなければなりません。

iPhoneの写真は削除しても残る

iPhoneで写真を誤って削除してしまった経験は誰にでもあるでしょう。iPhoneはiOS8以降には削除した写真を復元する機能が追加されています。iPhoneの写真のアルバムにある「最近削除した項目」から復元可能です。

iPhoneの写真は削除しても、30日以内ならここに残っています。実際に見てみると、削除したはずの写真が一覧で表示されるので、ちょっとドキッとするはず。復元したければ、写真を選択して右下の「復元」から「写真を復元」を選びます。

また、一覧されている写真すべてを復元することも可能。その場合は、右上の「選択」をタップしたあと、左下に表示される「すべて復元」を選択します。iPhoneで人に見られたくない写真の削除には注意が必要なのです。

iPhoneの写真を復元させない方法

すなわち、他人に見られたくなくて削除したiPhoneの写真は、完全には消えていないということ。iPhoneの写真を復元させない方法は「最近削除した項目」で写真を選択して、左下の「削除」をタップ。完全削除しなければなりません。

ちなみに、Androidスマホの写真もデータ復元アプリを使うことで復元することが可能。無料アプリ「消した画像を復元」を使えば、簡単な操作で1度消してしまった写真を復元できるかもしれません。

写真を復元させる手順は、アプリをインストールしたのちに起動して「内部ストレージ」をタップ。これで消した写真一覧が表示されるはずです。あとは、写真を選択して右下の「復元する」ボタンをタップ。「消した画像を復元」フォルダに写真が保存されます。

【関連リンク】
iPhoneの裏ワザでWi-Fiの速度をアップさせる
iPhone隠しコマンド10選!あくまで自己責任で
iPhoneを自動録音アプリで盗聴器にする方法
iPhone浮気調査!恋人の着信履歴を自分の端末で!?
iPhoneの裏ワザはキャリアごとに違っていた

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「iPhoneの写真は完全削除しないと復元できる