道端にレーダー式または光電式の測定機を設置して違反車を待ち伏せるネズミ捕りや、パトカーや白バイが違反車の後方にくっついて走って取り締まる追尾式など有人式の速度違反取り締まりは、その場で違反キップを切ります。それでは、オービスでの速度違反はいつキップを切られるのでしょう?

オービスの速度違反でキップを切る

固定式または移動式のオービスの場合は無人式の速度違反の取り締まりのため、現場で行うのは測定と撮影だけ。写真にはクルマのナンバーと運転者が写り込んでおり、測定値が自動的に焼き付けられています。

オービスの場合、呼び出しの通知はナンバーから判明したクルマの持ち主へ届きます。すなわち、オービスは違反者(たいていは所有者自身)を警察署へ呼び出して違反キップを切るのです。

その所有者が知らん顔したり、警察から電話があっても「撮影された日時に、誰が運転していたか分からない」などと突っぱねたりすると、警察は困り果ててしまいます。違反者が素直に呼び出しに応じて出頭することを前提に、オービスの速度違反の取り締まりは行われているからです。

オービスの速度違反で仕方なく出頭

オービスで撮影された写真には、速度違反車(とされるクルマ)の全体がやや斜めから写っています。写真はモノクロですが、ナンバープレートもフロントガラスの内側もきれいに収められた状態です。

また、クルマ全体の写真の他に、ナンバープレートや運転者の顔部分を拡大したアップ写真が添えられる場合もあります。加えて、そこには年月日、写真番号、制限速度、測定値などのデータが焼き付けられているのです。

このため、オービスの速度違反を本人が否定したとしても、写真を元に違反者を特定して逮捕することもあります。多くの場合、逮捕を臭わせた郵便や電話が何度もあり、違反者は仕方なく出頭するようです。

【関連リンク】
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「オービスでの速度違反はいつキップを切られる?