夜間、自宅敷地内に不届き者が侵入した場合、相手がどんな凶器を持っているか分からないので、対峙するのは危険です。速やかに警察に連絡したら、後々のことを考えて気づかれないように証拠撮りをしたいところ。そこで役立つのが、録画機能を搭載したナイトビジョンです。

ナイトビジョンの暗視性能を試した

ナイトビジョンは本来、軍事目的のために開発された高価な暗視ツールです。市販の民生品も存在しますが、かつては暗かったり鮮明さが劣ったりとイマイチなものがほとんどでした。

ところが最近では、民間用ナイトビジョンの性能が著しく向上しています。例えばこの望遠・単眼タイプのデジタル式ナイトビジョン「LS650」は、本格的な暗視効果と光学6倍の望遠機能を搭載した1台です。

ナイトビジョンの暗視性能を試すべく、望遠機能を活かして30mほど離れた位置から撮影。肉眼では街灯の直下以外は何があるのか分からないほどの暗さが、木々の形や看板の文字、そして停められている自転車も鮮明に確認できました。

ナイトビジョンの操作ボタンは上面

さらに、このナイトビジョンは赤外線のスポットライトを搭載。対象者に気づかれることなく撮影し続けられます。完全な真っ暗闇にある橋の銘板でさえ鮮明に撮影できる実力でした。

ナイトビジョンの操作に関するボタンは、すべて本体上面に配置。デジタルズーム・赤外線・明るさ調整・録画/撮影などの操作ボタンを、本体を握り込んだ指先が自然に届く位置に設けられています。

このナイトビジョンの解像度は2560×1920ドット(JPEG)、1280×720ドット(AVI)。倍率は光学6倍+デジタルズーム5倍です。赤外線LEDは850nmで、記録メディアはmicroSD(最大32GB)、電源は単3形乾電池×4となっています。サイズ/重さは6.2W×10.5H×20.8Dcm/765g。実勢価格は42,984円です。

【関連リンク】
赤外線フィルターを使った透視撮影にトライした
赤外線カメラに改造されたLUMIXを使ってみた
赤外線カメラで透視や暗視ができるメカニズムとは
赤外線ライトで誰にも気づかれずに暗視をする
コンクリートマイクを実際に壁越しで試してみた

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「暗闇でも録れるデジタル式ナイトビジョンの実力