警察は階級社会。上官が命令して下官が指示に従います。どの会社でも階級というものはありますが、警察の世界は一般よりも厳しいといえるでしょう。しかも、出世できる階級もノンキャリアとキャリアで大差があります。そして、警察官は警視正以上は都道府県警でも国家公務員となるのでした。

キャリア警察官は任官時から警部補

ノンキャリア警察官では、最も出世しても階級は警視長まで。ただし、これは極めてレアなケースで、警視以上への階級はよほど優秀で人脈も持っていなければ不可能といえるでしょう。

一方、キャリア警察官は任官時から階級が警部補。警察大学校での研修を終えるとすぐに一斉に警部に昇進するなど、最初からノンキャリアとは大きな差がつきます。

特に、警視昇任にあたっての差は大きく、ノンキャリア警察官は定員の空きがあって運がよければ昇任できますが、キャリア組は30歳前後で一斉に自動昇進します。このことから、警視はキャリアとノンキャリアの壁ともいわれます。収入面でも倍以上の差が出ますし、キャリア警察官は現場に出ることはほぼありません。

また、ドラマではキャリア警察官が現場で捜査することがありますが、それは実際はありえず、庁舎内で書類業務や調整業務に追われているのがほとんどなのです。

警察官の階級章は警視正から地が金

警察の階級章の簡単な見方をいうと、派手であるほど偉くなります。階級が1番下の「巡査」の階級章は最もシンプルで、地は銀色、葉も銀色、横のバーは1本。そしてワンランク上の「巡査長」になるとバーが2本に増えます。バー3本は「巡査部長」。そしてその上の階級になると今度は葉の色が銀から金に変わります。

葉の色が金でバーが1本だと「警部補」、2本だと「警部」、3本になると「警視」と、ここまでが地方公務員の階級。次からは俗にキャリアといわれるクラスで、都道府県警に勤務していても国家公務員扱いとなります。

ここからの階級は地が金色に変更され、バーが1本だと「警視正」、2本で「警視長」、3本だと「警視監」になります。そして、日本の警察官の中でたった1人しかいない「警視総監」は、その上。この地位になると階級章はガラリと変わり、肩章に日章を4個付けることになるのです。

【関連リンク】
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「警察官は警視正以上は都道府県警でも国家公務員