ハイエースの盗難対策には、高級センサーが効果的です。衝撃・ドア用・接近・傾斜などを検知して知らせてくれる各種センサーの設置で、ハイエースを盗難や車上荒らしからシャットアウトします。ハイエース盗難対策のセキュリティ専用パッケージの中身を見ていきましょう。

ハイエース盗難に専用パッケージ

ユピテルの「パンテーラZ105+ハイエースパック」は、実勢価格が工賃込みで206,280円というハイエース盗難対策の決定版。専用パッケージでは、ドアセンサー以外の6つのセンサーにより、クルマの不審な動きを見逃しません。

具体的には「ショックセンサー」がボディへの衝撃時の振動を感知して、「トリプルセンサー」が衝撃音など音を検知、「デジタル傾斜センサー」がレッカーなどクルマの傾きを検知します。

さらに「ボンネットセンサー」はボンネットの開きを検知して、「マイクロ波センサー」が車両周辺の不審者のうろつきを検知、そして「IRセンサー」が車内への侵入を検知する仕組みです。

ハイエース盗難対策のオプション

また、独自のイモビライザーも装備し、イモビカッターによるハイエース盗難への対策も万全。オプションで最新手口のリレーアタックにも対応できるので、心強いでしょう。

このパンテーラは、スマートキーと連動させることも可能ですが、リレーアタックはセキュリティも解除してしまいます。そこで導入したいのが「キーレスファントム」。実勢価格は工賃込みで41,040円です。

キーレスファントムは、スマートキーの利便性を損なわずにハイエース盗難の対策が可能となる、パンテーラのオプションになります。キーレスファントムを導入すると開錠後、所定の操作を行わないとセキュリティが解除されず、警報が鳴る仕組み。リレーアタックにも有効です。

【関連リンク】
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
赤外線フィルターを使った透視撮影にトライした
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「ハイエース盗難にはセキュリティ専用パッケージ