前方と車内を同時に撮影できる、Wカメラ搭載の最新ドラレコはモニターがありません。液晶モニターがある方が操作性は高いのですが、撮影中の映像を見ながらのドライブは、どうしても運転に集中できないことも…。前方と車内を同時撮影するWカメラ仕様のドラレコがどんな性能かを見ていきましょう。

ドラレコの車内カメラは赤外線撮影

セルスター工業のドラレコ「CSD-690FHR」は、液晶非搭載が潔いWカメラモデル。車内カメラは100万画素で、赤外線LED6灯を搭載しています。赤外線撮影には暗くなると自動で切り替わる仕様です。最初に設定を済ませておけば、エンジン開始とともに自動で撮影を開始し、あとはノータッチでOKです。

さっそく、さまざまなシチュエーションでのドラレコ映像を確認してみましょう。まず夜間のドラレコ映像では、フロントカメラは赤外線非対応ですが、ナイトビジョンモードで明るく撮影できました。一方の車内カメラの赤外線LEDは後部座席まで届くほどです。

昼間の走行映像は、明るさ・色合いともに自然な仕上がりで、拡大時の潰れもあまりありません。かなり遠くにある信号の色も記録できました。ナンバーや車種、10m先の看板も認識可能。ただ、逆光のためか、拡大するとやや荒れ気味でした。

レーダー探知機ドラレコ映像を確認

トンネル直後のドラレコ映像は、HDR機能が効いたのか白飛びは一切ありません。前方の車両、対向車線を走る車両の色など特徴をしっかり捕らえています。

なお、同社のレーダー探知機ユーザーならユーザーなら、その画面にプレビューを表示可能。相互通信対応モデルのレーダー探知機と別売りのケーブルを使って有線接続すれば、液晶画面で設定や録画した映像を確認できます。

車内も撮影するドラレコの解像度/フレームレートは1920×1080ドット/30fps(フロント)、1280×720ドット/30fps(車内)、動画保存形式はAVI、画角は115度(水平141度、垂直60度)です。記録メディアはmicroSDカード(最大64GB)で、サイズ/重さは97W×51H×26.3Dmm/80g。実勢価格は36,440円となっています。

【関連リンク】
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
赤外線フィルターを使った透視撮影にトライした
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「前方と車内を同時撮影するWカメラ仕様ドラレコ