駐車違反のステッカーを貼られると、以前のカギ付きステッカーの印象が強いためか警察に出頭しなければならないイメージがあります。しかし、実際の駐車違反ステッカーには、警察に出頭せよとは書かれていないのです。駐車違反の放置違反金と反則金の違いについて、詳しく見ていきましょう。

駐車違反の放置違反金を払えば終了

あの黄色い駐車違反ステッカー(確認標章)には「警察へ出頭せよ」とは一切書かれていません。貼られても無視していると、ナンバーから判明した車両の持ち主へ警察から「放置違反金」の納付書が届きます。

放置違反金の金額は、通常の駐車違反の「反則金」と同額です。これを払えば違反処理は終了となります。駐車違反の責任は運転者が負うべきですが、その責任を追及しない場合は使用者が責任を追及されるわけです。

ところが、そうとは知らず警察へ出頭する人がいます。たしかに以前の駐車違反の取り締まりは、カギ付きの駐車違反ステッカーをドアミラーなどに装着。警察に出頭して外してもらい、違反キップを切られていました。

駐車違反で出頭すると反則金と点数

しかし、2006年6月の道路交通法改正によって、違反者を出頭させて違反キップを切るのではなく、駐車違反を行った車の所有者に対して放置違反金を払わせる方式に変更されたのです。

とはいえ、駐車違反の違反者が出頭すれば、警察は基本的に青キップを切って反則金の納付書を渡さなければなりません。そして、青キップを切られれば1~3点の違反点数も付いてきます。

もし「納得いかない」と裁判を起こして不起訴を勝ち取っても、駐車違反ステッカーの放置違反金の納付命令は別途、送られて来るのです。こちらは払わないと最悪の場合、強制差し押さえなども行われます。

いずれにしても駐車違反で放置違反金や反則金を支払うのはもったいない話。コインパーキングなどを利用して、駐車違反しないようにしましょう。

【関連リンク】
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「駐車違反ステッカーは出頭せよと書かれていない