スピード違反は法律の規定では「最高速度を超える速度で進行してはならない」なので、時速1キロオーバーでも違反は違反です。しかし、一般的にはスピード違反は有人式であれば時速15キロ超、無人式のオービスなら時速30キロ超で捕まる可能性が高いといわれています。その根拠を見ていきましょう。

スピード違反の超過速度の内訳

速度メーターには若干の誤差があるもの。「誤差のせい」といわれたら、スピード違反が成立しにくいでしょう。また、少しのスピード違反でも次々に取り締まると、警察側の処理が追いつきません。

加えて「悪質、危険、迷惑性の高い違反に重点をおいて取り締まる」というタテマエもあります。このため、超過速度が時速15キロ以上になるとスピード違反で捕まる可能性が高いようです。

それは警察庁のデータを見れば一目瞭然。ある年のスピード違反取り締まり件数は全国で222万1,120件でした。その超過速度別の内訳は、超過15キロ以上20キロ未満が71万5,420件で、超過15キロ未満はわずかに40件です。

スピード違反で赤キップの点数

一方、無人式のスピード違反自動取り締まり装置のオービスは、極めて悪質な違反車を撮影することになっています。そして、極めて悪質な違反の目安といわれるのが赤キップの違反です。

赤キップが適用される交通違反は6点以上。処分歴がゼロでも、一発で免許停止処分になります。そして、スピード違反の点数は、一般道で超過30キロ以上50キロ未満で6点、高速道では超過40キロ以上50キロ未満となります。

これを根拠として、無人式のスピード違反は一般道で超過30キロ以上、高速道で超過40キロ以上で捕まる可能性が高いというわけです。とはいえ、最高速度を少しでもオーバーすればスピード違反。最高速度を守って安全運転を心がけましょう。

【関連リンク】
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「スピード違反で捕まる可能性が高いのは何キロ?