法律上、最高速度を少しでもオーバーすれば速度違反です。ただし、統計データを見ると、速度違反は時速15キロ以上で捕まる可能性が高いことがわかります。また、同じ速度違反でもオービスが取り締まるのは悪質な違反。このため、オービスが取り締まる速度違反は時速30キロといわれています。

速度違反の取り締まり件数の内訳

速度違反は、道路交通法でいうと「最高速度違反」といいます。法律の規定では「最高速度を超える速度で進行してはならない」となっているため、、1km/hオーバーしても違反は違反です。

しかし、速度メーターには若干の誤差があるもの。取り締まりで「誤差のせいだ」といわれたら、速度違反が成立しにくいでしょう。また、ちょっとオーバーしただけで取り締まっていては処理が追いつきません。

そこで参考になるのが、警察庁のデータ。2012年の速度違反取り締まりは全国で222万1,120件です。内訳は時速15キロ未満の速度超過は40件とごくわずか。時速15キロ以上25キロ未満の速度超過が、全体の70%を占めています。

一発で免許停止処分になる速度違反

一方で、オービスは極めて悪質な速度違反を取り締まることになっています。それが一般道だと時速30キロ以上、高速道だと時速40キロ以上の速度超過を撮影するというのが通説です。

その根拠といわれるのが、赤キップの違反かどうか。違反点数は時速キロ(高速道では時速40キロ)以上50キロ未満の速度超過だと6点となります。一般道でも高速道でも時速50キロ以上の速度超過は12点です。

そして、過去に処分を受けたことがあろうとなかろうと、6点以上の交通違反は最低でも30日の免許停止になります。逆にいえば、オービスに撮影されると一発で免許停止処分になる可能性が高いということです。最高速度を守って安全運転を心がけましょう。

【関連リンク】
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「速度違反は時速15キロ以上で捕まる可能性が高い