うーん。。。この申請、断れないぞ。。。

今や老若男女に垣根なく浸透しているFacebookにありがちな悩み。

「あまりプライベートを見られたくない相手から友達申請が来て気まずい・・・」

何かとFacebook上でお茶目な投稿をしがちな若者達(僕もです)的にはあまり仲良くないに、自分の投稿を見られるのは恥ずかしいもの。

とはいえ、無下に申請を断れず、FB友達になってしまうケース、あると思います。

そんな時のために、相手を友達から外すことなく、自分のプライベートを隠すとっておきの必殺小技(?)が「制限リスト」を紹介します!

 

友達、だけど一線置くね♪

なんでしょう、古傷が痛みます。

しかし、要はそういうことです。

 

あなたの制限リストに登録された相手は、FB友達であるのにも関わらずあなたの個人的な(公開範囲が”友達”の)投稿を見ることができなくなるのです。

早速やり方を見てみましょう。

制限リストに加えたい人のアカウントへ。

「友達リストを編集」を選択

「制限リスト」を選択しましょう。

完了です!

日頃から公開範囲を気にしよう・・・

とはいってもこの小技、日頃からの投稿の範囲を「友達」にしていないと意味がありません。

 

日頃から投稿する時の公開範囲は気にかけましょう!

情報提供元:hint
記事名:「「微妙」な知人からFacebook友達申請が来た時の対処法・・・