iOS 9から登場の「Wi-Fiアシスト」に問題あり??

iOS 9から登場した「Wi-Fiアシスト」という機能をご存知でしょうか。

実はこの機能が原因で“ある問題”が起こってしまう可能性があるんです。

「Wi-Fiアシスト」とは??

「Wi-Fiアシスト」Wi-Fi接続が不安定な際、モバイルデータ通信で回線を補助し、安定させてくれる機能です。

一見、とても親切な機能のように思えますが、不安定な場所にいれば勝手に通信が切り替わり、モバイルデータ通信量が増えてしまう可能性があります。

これが続くと、モバイルデータ通信を使用しているつもりがなくても速度制限にかかってしまう恐れすらあるというのです。

“もう一つの問題“で集団訴訟に

Wi-FiアシストはiOS 9から“デフォルト”でONになっている機能です。

さらにこの機能について、Appleから「どのような条件下でどの程度モバイルデータ通信が用いられるのか」しっかりと説明がされていなかったとして、500万ドル(約6億円)の集団訴訟が発生してしまいました。

Appleは、ユーザーの不満を受けて即座に特設ページを開設し、『大多数のユーザーにおいてWi-Fiアシストの使用によりデータ通信量は「数パーセント多くなる」』など、機能についての説明をアナウンスしましたが、さすがに火消しとはなりませんでした。

自宅でWi-Fiを利用していても通信が不安定だとモバイルデータ通信を知らず知らず消費している可能性がありますので注意しましょう。

Wi-Fiアシストをオフにする方法

設定画面からモバイルデータ通信をタップ

下部のWi-Fiアシストをオフにしましょう。

これで完了です。

無制限のWi-Fiなどを利用していて、モバイルデータ通信量を気にしない人にはとても優れた機能に感じます。

必要がない人はオフにすることをお勧めします。

WI-FIアシストサポートはコチラ

情報提供元:hint
記事名:「新機能「Wi-Fiアシスト」の意外な落とし穴!?