スクショより、便利です♪

iPhoneでインターネットをしていて、「あ、このページ保存しておきたいな」という時、ありませんか?

スクリーンショットでは音が鳴ってしまうし、長いページの場合1枚に保存できなく不便ですよね。

そんな時にオススメなのがiOS 9から登場した「safariで表示しているページをPDFとして保存する」という方法です!

今回はその使い方をご紹介します。

 iBooksを使います!

今回の小技ではsafariと「iBooks」を使います。

安心してください。iBooksはiPhone初期アプリで、消すこともできないので、ダウンロードする必要はありません!

safariにて保存したいページを開き、画面下にある共有ボタンをタップします。

共有メニューから「PDFをiBooksに保存」を選択します。

すると、このようにiBooksに保存されますので、いつでも保存したページを見ることができます☆

オフラインでも閲覧が可能なので、ブックマークにするよりも余計な通信を行わなくて済むのが嬉しいですね♪

また、どんなに長いWebページでも1個のPDFデータに収めることが可能でとても便利です。

どんな場面で使える?

使いこなせれば非常に便利なこの機能。

自分は曲の歌詞やコード譜をWeb上で確認したりするので、この技とっても気に入っています!

よく見るサイトとか、何度も繰り返し見ているページとかがあればPDF保存してみる事をオススメします!

情報提供元:hint
記事名:「iOS 9でsafariのページをiPhoneに保存する裏ワザ!