8月12日、13日は流星群を見よう!

夏休み真っ只中、お盆休みも近づき、忙しい日常を忘れて星でも眺めたくなる頃・・・

 

お盆時の8月12日、13日は、ペルセウス座流星群の観れる絶好のチャンスです。

今年は流星を観察して、心をリフレッシュさせましょう!

ペルテウス座流星群とは?

ペルセウス座流星群とは三大流星群の1つとして知られています。

活動時期が8月中旬と、ちょうどお盆や夏休みと日程が被ることから、タイミング的にも夜通しの観測がしやすい流星群です。

上手くいけば40個以上の流星を見れるとか。

今年は特によく見れる☆

今年はちょうどペルセウス座流星群の活動時期が新月と重なり、空が暗くなるため、流星群を見る絶好のチャンスです!

そんな中、国立天文台のWebページでは、見つけたみんなで流れ星の数を報告し合うイベント企画「夏の夜、流れ星を数えよう 2015」を開催。

 

12日の夜から15日の朝までの間に見つけた流星の数を報告しましょう!

夏の夜、流れ星を数えよう 2015

 流れ星が見えても見えなくても、たまには星空を眺めて、ゆっくりしてみてはいかがですか?

情報提供元:hint
記事名:「今年はペルセウス座流星群が見れる絶好のチャンス☆