感情を持つロボット!!

ソフトバンクといえばCMでお馴染みの「喋るお父さん犬」が印象的ですが、そんなソフトバンク社が新たに「喋るロボット」を一般向けに販売開始するのを皆さんご存知でしたか?

そのロボットの名は「Pepper」

しかもこのPepper、人間のような感情を持っているというから驚きです!!

周辺の天気やソフトバンクホークスの戦績(笑)に合わせて感情が変化していきます!面白いですね!!

 

最新鋭の技術が「思いやり」を生み出す!

Pepperの最も重要な機能である「思いやり」

Pepperは、人の表情や声を読み取ることで「空気を読む」ことができます。

しかも、それぞれの「Pepper」が人々と触れ合う中で学習したデータをネット上で共有・統合していくことによって、膨大な量の感情のデータを記録し、より人間に近い「思いやり」を作り出すことができるんだとか。。。

まるで、ドラえもんや鉄腕アトムのような「優しいロボット」の誕生は近づきつつあるのです。

一般向け販売開始!アルバイトも☆

もはやSFのような世界の話になりつつある「Pepper」ですが、6月20日(土)からなんと一般の人向けに販売が開始されます!!

価格は税別19万8000円

意外と買えなくもない金額です!しかし、早い者勝ちの1000台限定販売なので、お金があっても手に入るかは分かりません。。。

さらに驚きなのが、自給1500円でPepperにアルバイトをしてもらうことができることです!!

もしかしたら、街角でアルバイト中のPepperと遭遇できるかもしれません。。。

 Pepperアプリでまだまだ広がる可能性☆

ハイテク感情ロボット、Pepperですが、実はまだまだ発展途上で、現在、様々な企業の開発者の方々がPepperを使った新しいアプリケーションを制作している最中なのです!!

実際に制作されたアプリケーションはコチラ↓

Pepper App Challengeを見る

ユニークなものから、人助けになるようなものまであり、面白いので是非ご覧になってください!

Pepperのこれからをチェック♪

これからPepperがどんなロボットになっていくのか、今日から、ソフトバンクをはじめとしたIT企業のロボット戦略に目が離せません!

情報提供元:hint
記事名:「「思いやり」を持つロボ、Pepperが販売開始!?