お菓子を食べたら、猫と遊んでカロリー消費。 そんな夢のようなサイクルを、サスティナブルにするために。かっぱえびせん、湖池屋のりしお、とっておきのカールなどなど、アルミ製のお菓子の袋を再利用して、猫が喜ぶオモチャにDIYする方法を、フリスキーのYouTubeチャンネルにて見つけましたのでご紹介する次第です。
用意するものは、ハンガー(に付属するパイプ)、キャットフードの袋、カラフルなテープとなっておりますが、パイプは使い古した猫ジャラシの棒や使い古した菜箸などで良いかと思われます。また、キャットフードの袋は、要はアルミ製の袋ってことですので、お菓子の袋を洗ったもので代用可能です。見た目を気にしないニャンコでしたら、ガムテープでも問題ありません。さて、作り方は簡単。短冊状にアルミ袋を切り、テープに貼って、そのまま棒にクルクル巻き付ければ完成です。あとは猫の眼前でブンブンと振り回せば効果覿面。食したお菓子のカロリーを目標に猫とともに遊ぶのがよろしいかと思われます。または「どのお菓子の袋に、猫はもっとも興味を持つか」ともっともらしい題をつければ、夏休みの自由研究にも好適です。 [DIY Cat Toys – How to Make a Party Maker/YouTube]



【関連記事】
猫の撫で方26種類、あなたの猫が喜ぶのはどれ
段ボールでもここまでかわいく、ひと手間加える猫ハウスの作り方
2個から4個に猫のトイレを重層化、設置面積変わらずそのまま

情報提供元:猫ジャーナル
記事名:「お菓子の袋でDIY、猫が跳び付く使い捨てオモチャ