端っこを掻いてめくってローリング、華麗な猫のでんぐりもぐり
技名はいんぐりもんぐりでもなく、でんぐりでんぐりでもなく、でんぐりもぐりであります。 猫と暮らす皆さまにありがちな、気付いたら敷き布団の上に謎の瘤ができる現象。その発生の一例を捉えた映像をご覧いただくといたしましょう。
猫Blog「明日も一緒に遊ぼうよ」のYouTubeチャンネルにアップされましたのは、シーツの端を執拗にほっくりほっくりと掘り返そうとする猫のねじちゃん。撮影する飼い主には脇目も振らず、ネジネジシッポをフワフワ揺らしながら、一生懸命にシーツを捲ろうと躍起になっております。 掘って掘ってまた掘って、修行のような単調な作業が続くと、ときおり悟りを開くような瞬間が降りてくるのでありまして、シーツの裏側に何かを見つけてしまったねじちゃん。一気呵成に頭を突っ込みでんぐりもぐり。 その後は徐々に動きがゆっくりになり、お昼寝モードへと一直線。シーツの下の、パーソナルエリアで寝転び、飼い主さんのニオイを嗅ぎながらうっとりした表情を浮かべているのでしょうか。 [猫がシーツに潜り込む一部始終/YouTube] The post 端っこを掻いてめくってローリング、華麗な猫のでんぐりもぐり first appeared on 猫ジャーナル.

【関連記事】
流体の猫は寛ぐ透明ボックス、視線も姿勢も統一感ゼロ
3匹でカーテン遊びのすべてを網羅、登って落として絡まって
他の猫と好みは違えど全力で、これが好きよと表現する猫

情報提供元:猫ジャーナル
記事名:「端っこを掻いてめくってローリング、華麗な猫のでんぐりもぐり