カリカリを巡る仁義なき戦い、どけてどかされ押し返されて パンチとか牙とか爪とかを使わない、ある意味で猫としての仁義なき戦いではあります。 大好物のカリカリを巡る、2匹の猫の食欲を掛けた争いを器の下から撮影した、臨場感とスペクタクルあふれる動画でご堪能ください。
八面六臂のハイスペックスタッフさんでおなじみのYouTubeチャンネル「もしも猫が喋ったら」にてアップされておりましたのは、茶白のかりんちゃんと三毛猫ちゃいちゃんによる、カリカリ争奪バトルロワイヤル。カリカリを食うか食われるか、手に汗握る争いであります。 2匹の戦いは熾烈を極め、柏戸戦での負傷後に押し相撲に徹した琴櫻のように、押しては押されどけてはどかされる、ガチンコバトルに。最終的には情報戦の様相を呈して参りますが、2匹で程よくカリカリをシェアして、共に満足痛み分けとなったのでありました。 [下から猫を覗いてみた -Watching Cats from the bottom.-/YouTube]

【関連記事】
飼い主の指を咥えて二度寝する猫、動いちゃダメよと手を添えて
ロングキャットの中のロングキャット、体長世界一は120cmのメインクーン
アライグマのかわいさ借りてドア開けた猫、挨拶だけして中には入れず

情報提供元:猫ジャーナル
記事名:「カリカリを巡る仁義なき戦い、どけてどかされ押し返されて