ここからの冷しい風は僕だけの、ルーバー傾け猫は涼むよ ちゃんと自分でセッティング。熱中症対策も万全であります。 毎年恒例ジメジメ蒸し蒸しダレダレドロドロの夏も近づいて参りましたが、自らの手で自分だけ涼しい環境を作る猫の事例をご覧くださいませ。
日立のロゴが燦然と輝く、マルチエアコンの子機と思しき筐体にやおら近づき、なんとも自然な手つきでルーバーを押し下げる猫・とらえもん君。すべての動作に無駄が無く、さも、その用途であるかのような錯覚さえ覚えさせる滑らかな扱いであります。 吹き出し口を自分のほうに向けて、しっぽを微動だにせずエアコンの前にちょこんと陣取る姿は、昭和の茶の間のテレビの正面にいた、背中で生き様を語る親父のような圧倒的風格であります。 とらえもん君の、そんな姿とは裏腹な日常の様子はこちらのInstagramでご覧ください。 [エアコンの吹き出し口を下げて涼む猫/YouTube]

【関連記事】
ブラッシングで猫は小顔にシャープな顔に、ビフォーアフターの落差は必見
提琴の弓で擦られ憮然とする猫、未熟な腕に厳しいダメ出し
猫は狙うよ弦の真剣白刃取り、チェロの調べに頭を揺らして

情報提供元:猫ジャーナル
記事名:「ここからの冷しい風は僕だけの、ルーバー傾け猫は涼むよ