三密でマスク制作見物する猫、社会的距離が求められ 手元を見つめて、糸を見つけて、粗相を見つけられての「三見つ」も達成であります。 手作りマスクの制作現場にて猫による三密が発生しているとの報を受け、猫密警察を自称する猫ジャーナルとしては、確認に参った次第であります。
ミシンに糸をつける時点ですでに、2匹の猫が寄り添いながら見つめる「密です密です」状態が発生。飼い主さんがその場から離れたのをいいことに、ミシン糸を物色して濃厚接触三昧。そしてミシンが動き始めると、2匹揃って動く針やら飛び出る糸をジッと見つめて動きも低下。空気の流れも滞り、密状態はさらに強まり糸に絡めとられるクラスタ発生待ったなし状態であります。 ここ数日は新規感染者が抑制傾向とあって、ついつい気を緩めてしまいがちですが、ふだんの猫集会のような「着かず離れずソーシャルディスタンス」を保つ初心を忘れてはならないと、我々に気付かせてくれるような気がする猫動画といえましょうか。 [#mask #cats How to sew a protective face mask with cats./YouTube]

【関連記事】
仕事もゲームも飼い主一人にさせない猫、テレワークの孤独を解消する
段ボールの屋内迷路に挑む猫、一筆書きで一発クリア
やんちゃなカワウソあやす猫、距離を保って遊びに興じる

情報提供元:猫ジャーナル
記事名:「三密でマスク制作見物する猫、社会的距離が求められ