出したまま舌をしまうの忘れても、カメラ目線は忘れぬ猫 高名の木登りでも語られているとおり、慣れた頃に気が緩むのは、いつの時代も人も猫も一緒なのでしょうか。 自宅での寛ぎ毛づくろいタイムで、うっかりしてしまった猫の顔をご覧ください。
前脚をペロペロと毛づくろいの真っ最中のリラックスモードが一転、カメラを凝視しそのまま舌をしまい忘れて固まっております。約12秒のフリーズののち、思い出したように舌をペロンと伸ばして収納。 写真を撮られているものとばかり思っていたら、実は動画だったと気付いたときの表情も、人も猫も同じようであります。 [My cat forgets her tongue out/YouTube]

【関連記事】
感情が高ぶり動きに現れた猫、芝居がかった噛みを披露
自宅での運動不足解消行動、カメラに向かって猫はダメ出し
思わせぶりつつ見切れた猫、首を傾げてこちらを見つめる

情報提供元:猫ジャーナル
記事名:「出したまま舌をしまうの忘れても、カメラ目線は忘れぬ猫