膝上とは思えぬ寛ぎすぎの姿勢、ヘソ天で猫は眠りこけ あ、もしかしたら、下手すると一生日の目を見ない部位を、15分日光浴するあの健康法ですかね。 お膝の上とくれば、丸まって眠るものと相場が決まっておりますが、あまりにも背中へのフィット具合が抜群だった事例を見つけましたので、ご笑覧ください。
腹丸出しで四肢を放り投げた体勢で、膝上で眠る三毛猫のラテさん。お日様の当たり具合も絶妙で、すっかりぐっすりオヤスミ中であります。腹を撫でても身じろぎせず、猫のまぶたは閉じたまま。これだけ気持ちよさそうに眠ってくれたら、猫のベッド冥利に尽きるというものでありましょう。 よく考えると、こんなポーズをしなくても、猫は毎日例の局部を日にさらしているわけでして、猫が元気なのはそういう理由なのかもしれません。 [膝の上でくつろぎすぎる猫 - Sleep cat on the knee –/YouTube]

【関連記事】
三毛猫にその場所譲れと迫る猫、抱きつき噛みつき甘え鳴き
ほかの猫より私を撫でろと実力行使、甘える三毛猫ジェラシー全開
顔を寄せ猫は眠るよ人を枕に、伝わる温もり寝息とともに

情報提供元:猫ジャーナル
記事名:「膝上とは思えぬ寛ぎすぎの姿勢、ヘソ天で猫は眠りこけ