グルジア鉄道・目撃者は猫?消えた真犯人 こちらにお集まりの昭和末期世代の皆様におかれましては、さすらい刑事旅情編のオープニング曲を脳内に響かせながらご覧のことと思いますが、いかがお過ごしでしょうか。猫と旅するYouTuberがアップした、猫とともに暮らす者どもの夢の1つ、猫と電車で旅をする動画にてバーチャル旅情をご堪能ください。
車窓から流れる風景を眺めながら、国鉄車両の質感漂う座席テーブルの上に寛ぐのは、猫のNalaちゃん。飼い主である「1bike1world」氏とともに、ジョージア(グルジア)の首都・トビリシへ向かう列車に乗車している様子であります。彼女は普段から自転車のカゴに乗って、トルコとかアゼルバイジャンとかジョージアを一緒に移動する旅猫でありまして、Facebookページの投稿によりますと、今回は珍しく電車での移動となったそうです。 猫は変化を嫌うといいますが、いつも旅をしている彼女にとっては、移動しているのが日常のようで、ゴトゴトリズムに揺られながら寛ぐ様子から見ると、鉄路の旅を心から楽しんでいるようです。日本で唯一の定期運行寝台列車となったサンライズ瀬戸・サンライズ出雲に、猫専用コンパートメントを設定した「ニャンライズ瀬戸・出雲」が登場する日も、そう遠くないものと思われます。ついでに「さすらい刑事」も復活していただけると幸甚です。 [Cat train ride into Tbilisi     /YouTube]

【関連記事】
四つ足で猫は滑るよ滑り台、シッポをおっ立て直滑降
ハンドスピナー超絶高速大回転、猫が本気を出すとこうなる
餃子でもラビオリでもなくパイでもなく、ピエロギ型の猫オモチャ

情報提供元:猫ジャーナル
記事名:「さすらい猫旅旅情編、猫と寛ぐ個室の鉄旅